プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ


牛乳だったら牛乳瓶、清酒だったら一升瓶、ビールだったらビール瓶。
それがいつの間にか、紙パック、スチール缶やアルミ缶に変貌してしまいました。
これら主な原因として、ガラス由来の容器が重くて割れやすく、リユースのための経費や人手が掛かっていた事。
これを軽減するため、回収(リユース)の必要もなく、軽くて廃棄しやすい紙やアルミ等の素材に変わって行きました。
すると、醤油他の液体調味料もガラス瓶から軽くて、やはり回収が必要ないペットボトルに変貌したのです。
だから本来、ガラス瓶に取って代わった軽量容器は、ごみとして燃やす事を想定していたわけです。
それをモッタイナイ???と云う理由で、リサイクルして無理やり再資源化が推奨されました。
容器包装リサイクル法が施行され、製造メーカーからリサイクル負担金を求め、これを活用してリサイクルを推進しようと云う考え方。
結局リサイクル費用は、製品価格に上乗せされ、私達消費者に課せられています。
元々廃棄して燃やしてしまう事を前提として考え出された軽量容器ですから、これらをリサイクルするためには、多くのエネルギーやコスト(人件費)が使われ、バージン原料から製造した方が、安価で石油他のエネルギーも最終的には少なくて済むのです。
一番不思議なリサイクルは、牛乳パックからトイレットペーパーを再生する事業。
本来『紙』が中国で発明された当時から、使えなくなった布の繊維等を再利用して作られていたそうです。
ですから、再生紙と云う概念は本来あまりなく、新聞紙や段ボール紙その他紙類は殆どとかされて再生(リサイクル)されておりました。
何度も何度も再生を繰り返し、都度繊維の長さが短くなり、最後はトイレットペーパーなどに変わり、廃棄していたのです。
そこで登場したのが牛乳パック、これも前述のように燃やしてしまう事を前提として開発された容器なのですが、ビニールコーティングされ、バージンパルプで作られた良質な紙で有ったため、これを無理やりリサイクルしようと云う機運が盛り上がり、現状のようなトイレットペーパーにされた次第。
水物を運ぶための紙容器ですから、特殊なコーティングが施されていて、個人でこの容器を溶かして年賀状等に再生する遊び程度なら良いのですが、工業的にリサイクルするとなると、使われる水資源やエネルギー等も多く必要になるようです。
はっきり言うと、容器のリサイクルは『しないより、した方が良い』程度なんじゃないでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/3500-6fd73f00


Powered by FC2 Blog