プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ


最低気温も20℃オーバー、曇りがちながら朝から蒸し暑い。
さて、先日からテレビのⅭMで隔週刊行のジャズレコード雑誌??の事を流しております。ブログの編集ページにもこの雑誌の広告が、ひっきりなしに掲載されてきます。
いまさらレコードでジャズを聴こうなんて、物好き???が・・・・と思いましたが、所有する枚数はすくないのですが、私もその一人ですしねぇ。
何と、レコードだけじゃなく、レコードプレーヤーまで斡旋しているんですね。
簡単なステレオ電蓄やDE?ONのアンプやプレーヤまで紹介しています。
頒布される、精々80枚の復刻ジャズレコードを聴くのに・・・と思いましたが、
『週刊零戦を作る』なんて、機体の竜骨から翼のリブ構造まで再現しているようで凄いとおもいましたから、このジャズレコードの巻も侮れないかもしれません。
爪に火を点すように食費を削り、なけなしの金でレコードを集めていたような昔からのジャズファンなら兎も角、多くの名盤がCDで復刻されている現在、あえて復刻レコードを大枚叩いて聴く必要があるんだろうかと。
まあ、購買層を選んでシュミレーションを重ねたことでしょうから、案外当たるかもしれませんね。
上記の如く半世紀近く前、食うものも食わず貯めた金で、やっと買えたアンバートン。
アンプを温めてプレーヤーの回転数を合わせ、レコードの埃を落とし、カートリッジも掃除して針を落とすと、彼女の暖かいけど、チョット気になる乾いたボーカルが聴こえます。
そう言やぁ、この復刻盤、アンバートンなんてあるのかなぁ。
エバンスはあったけど、カーティス・フラーやマル・ウォルドロンはどうでしょう。
この雑誌、85号まで予定されているそうなので、もしかするとあるかもしれません。
いずれにせよ、レコードを聴く人が増えるのは、仲間が増える事。
良い方に解釈したいと思います。

Youtubeから、アルバム『Blue Burton』、冒頭のI Can't Give You Anything But Loveを貼っておきます。
初めてこのレコードを聴いたのは、今も残務整理が続く勤務先の独身寮で同僚と安酒を酌み交わしながらでした。
そんな同僚たちも既に皆退職したばかりではなく、既に鬼籍に入られた方すらおられます。
先日ご紹介した、小さな植木鉢に収めたフォステクスFE83、こんなボーカルを良く鳴らしていましたっけ。
孫っちが大きくなったら、新しいユニットを入れたいですね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/3556-bdab8d51


Powered by FC2 Blog