プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ


昼の気温が25℃から26℃台と、思いのほか蒸し暑い一日。
この季節、どこに行こうと付き纏うのは、大嫌いなあの臭い。
そう、キンモクセイがご近所でも咲き始め臭いが漂ってきます。
嫁は普通の人間なので、この臭いが好きらしく、家でも植えたいと申しますが、絶対だめ。
そんな憂鬱な季節、久しぶりにターンテーブルに載せるレコードは、ビル・エバンスの『ALBUM』。
「『ワルツ・フォー・デイビー』や『ポートレート』こそ、ビル・エバンスだ!」と、仰る皆様がこぞって邪道だと言う、電気のエバンスです。
でも、聴きこんでいると、電気だろうとアコースティックだろうが、エバンスのピアノタッチです。
一曲目のFunkalleroで、両方のピアノを上手く使い分け、なんとなく郷愁をさそい、二曲目The Two Lonely Peopleでオーソドックスなアコースティックのエバンスが還ってくる。
そしてA面最後は、名曲Waltz For Debby、イントロはアコースティックそしてテーマに入ると電気が、懐かしいメロディーを唄う・・・・。
昨日の話の続きになるけど、こんなレコード絶対あの雑誌の付録には、ならないでしょう。
パーソネルは、電気とアコースティック各ピアノは、ビルエバンス。
ドラムス:マーティ・モレル、ベース:エディ・ゴメス。

YoutubeにこのレコードをCD化したと思われる演奏がありましたので貼っておきます。
オリジナルのレコードは、A面4曲B面3曲ですが、CD化の際オマケ??で別テイクのWaltz For Debby他が収録されています。
こんな風にジャズのレコードをCD化する際、余った??収録時間を潰そうとする事もありますから、復刻レコードの方がオリジナルのイメージが壊れないのかもしれません。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/3557-1d5cc0c7


Powered by FC2 Blog