プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ


今月末、夫婦で人間ドックを受診する事になっています。
10年以上継続している某左翼系の総合病院。
ここへ当時、今のメインの病気である『拡張型心筋症』で心不全に陥り、CCUに繋がれておりました。
以前も投稿した事がありましたが、今年こそ何とか一度で、抗血栓療法剤ワーファリンの効果を示す、PTINR値を上限3.0の管理値内に落とし、一度で上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)を受けなくてはなりません。
昨年と一昨年、二年続けてどういうわけか3.0を上回っていたため、検査を受ける事ができず、面倒な思いをしています。
と云うか、同年よりワーファリンを処方されている患者は必ずPTINR値検査を受け、3.0の管理値上限以下である事を確認しないと、胃カメラ検査を受ける事ができないときめられたのだそうです。
寒くなると肌が乾燥して痒みが酷くなるため、循環器科の主治医から保湿剤を処方され、これを塗っているのですが、主成分がヘパリン類似物であるため、ワーファリンと拮抗作用を起こし、数値を押し上げる要因になっているのかもしれません。
常時9000mgと、大量のアセトアミノフェン系鎮痛剤も膝関節痛を緩和するため処方されていますが、この薬もワーファリンとの相互作用を起こしています。
ワーファリン服用者は、胃カメラの代わりにバリウム検査を推奨されているのですが、私の場合常時利尿剤を処方され、水分の摂取制限もあるため、バリウム造影剤を排泄する事が困難となり、以前詰まってエライ目に遭った経験があるため、この方法は絶対に避けたいわけです。
お国や健保機関、報道関係でもピロリ菌の除菌と後発医薬品(ジェネリック医薬品)の利用を呼び掛けておりますが、服用する医薬品が増える度にワーファリンを中心とした処方薬との相互作用や拮抗作用を自ら服用して確認しなければならず、下手をすると命懸けになりかねないのです。
後発医薬品は、先発医薬品と何ら薬効に違いが無いと言われますが、効果が同じだろうと、全く成分が全て同じである保証もなく、僅かな違いが必ずあるわけで・・・・・・。
以前ワーファリンを服用していると告げただけで、肩を打撲して腫れ上がり、勤務先近くの整形外科で診察を受けようとしても拒否され、「救急車を呼んで掛かりつけの循環器科で診察を受けてくれ」と、門前払いをされたなんて笑い話のような本当の話がありました。
歯医者にも行きたいのですが、循環器科主治医がダイジョウブと言っても、他の医療機関では観血的治療を行ってくれないのが現実です。
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 鍵コメさま

鍵コメさま、ご理解いただきありがとうございました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/3560-854e8415


Powered by FC2 Blog