プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ


コンビニ珈琲の味の違いって、判りますか。
時間が無くても珈琲が飲みたい時、便利なのがコンビニ珈琲。
100円と、安価ですし熱々。
いつも利用しているのは7時から11時を商標としたコンビニ。
ここが一番美味しいと思います。
一番不味いと思ったのは、先日某大手コンビニと統合される事となった何とかK何とかと云うお店でしたが、私の好みに合わなかっただけかもしれません。
唯、一つ言えることは、珈琲豆の回転つまり、その店の珈琲の売り上げの数に比例して味が変わる事。
焙煎し立ての珈琲を挽いて、珈琲を淹れたら美味しいと思われがちですが、いくらなんでもこれはダメ。
焙煎と言えども、要は豆を焼くだけ。
豆を焼く訳ですから、当然二酸化炭素が発生しますよね。
焙煎し立ての珈琲豆の中は、この二酸化炭素がいっぱい含まれています。
この二酸化炭素が残っていると、あまり美味しい珈琲が飲めないのですよ。
最低でも焙煎後、1昼夜程寝かせて置くのが美味しい珈琲を淹れる秘訣です。
その後大体1週間程度の間が、美味しい珈琲をいただける期間です。
焙煎後長く時間が経ってしまうと、珈琲の香りが台無しになったり、異臭がする事もあります。
前述のように生豆を焼いたのと同じですから、極論を申し上げると、炭に近いわけです。
脱臭剤に炭が使われる事をご存じの方も多いと思いますが、焙煎後の珈琲豆は、色々な臭いを吸着しやすくなっています。
ですから、必ず密閉容器等に保存し、早めにお使いになるのが良いと思うわけです。
そんなわけで、絶対に冷蔵庫なんかで、保存しないでくださいね。
珈琲豆が、脱臭剤代わりになっちゃって、冷蔵庫の中の食品等、嫌な臭いを一杯吸い込んじゃいますからね。
冷凍庫も室温に戻る時に露が付くのであまりお勧めできません。
焙煎後の豆は、室温で保存していただき、できるだけ早くお使いください。
今日は、週一のリアルなお仕事、勤務先近くのコンビニで手洗いをすませ、熱々の珈琲タイムの後、頑張ってオシゴトして、休憩時間は、インスタント珈琲で一休み。
さて、そろそろ来週の珈琲を用意する時間になりました。
マンデリンG1辺りはどうでしょうかねぇ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/3572-5092b453


Powered by FC2 Blog