プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ


今朝の珈琲は、昨日娘が私のために買って来たと云う、北杜市高根の自家焙煎喫茶店スコヤさんのエチオピア・モカを淹れてみました。
エチオピア・モカ   エチオピア・モカ中身
サムネイル画像をクリックしていただくと、大きな画像でご覧いただけます。
メリタの1×4を使い、20年以上前のビンテージ物濾紙(笑)と少々・・???。
しかし、味わいに問題は全くなく、美味しいモーニング珈琲でした。
焙煎豆の画像をご覧いただくと判りますが、豆表面にコーティングされているかのように油が
浮いています。
フレンチロースト一歩手前の深煎りモカのようです。
私の好みは、もう少し朝煎りの方が好きなのですが、これはこれで良いのかもしれません。
唯、このように焙煎度合が深煎りだと、酸味を殆ど感じず苦味が勝るようです。
ミルクを入れたり、砂糖を加えると丁度好さそう。
朝、大きめのマグカップ二杯飲んだだけで、珈琲を飲もうと云う気力が失せてしまう程の力強い深煎りモカでした。
我、喫茶気まぐれはウェブ上の仮想喫茶店。
ですから、リアルな自家焙煎喫茶店で営業されるなんて羨ましい限りなんですよ。
珈琲の好みは人それぞれですから、私のように酸味が多い珈琲を好む少数派から、深煎りの珈琲を好む方まで、多種多様。
まさか、一杯づつ焙煎を変えて、珈琲をお出しする事など無理ですから、どうしてもオーナーが好む焙煎度合になるわけですね。
焙煎度合が深くなるにつれ、みな同じように苦味が協調され、珈琲豆本来の味や香りが皆同じように感じてしまいます。
昔は、手網で30gづつ程焙煎していましたので、ある程度日々の好みで焙煎度合を変える事ができました。
熱源に網をかざし、強火の遠火で激しく焙煎網を振りながら、豆の色・香り・煙などを見定めながら煎るのは、とても大変でしたが、逆に大いに楽しみでもありました。
しかし、キッチンの熱源廻りは珈琲が爆ぜて舞い上がるチャフ(薄皮)だらけとなり、嫁の逆鱗に触れる毎日。
結局現在のようなジェネカフェと云う電気焙煎機を使う事になりました。
一度に焙煎できる基本量が200gなので、毎日焙煎度合を変えるのには、少し無理があります。
今、元勤務先のISO90012015年版リニューアルに伴う文書更新作業が一段落するまで、一日の珈琲は、朝の一杯だけ。その後は、通勤途中のコンビニ珈琲と、お茶の時間のインスタント珈琲ですから少し寂しい処です。

今日もyoutubeからユジャ・ワンさんのコンチェルトを貼っておきます。
イタリアのダニエレ・ガッティさん指揮によるロイヤルコンセルトヘボウ管弦楽団の演奏でプロコの3番なんぞ、いかがでしょう。
ユジャ・ワンさんは、剛腕アスリート、全身の筋力を駆使しての指使い、相変わらず凄い演奏です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/3581-aae89324


Powered by FC2 Blog