プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ


今日は立冬、文字どおり寒さが増しています。
快晴の一日、昨日程風が強くないのが唯一の救い。
韮崎アメダス最低気温:6.4℃、最高気温:15.7℃と、何とか我慢できる気温。
孫がやってくるまで、ストーブに火をいれて居間を温め、後はお日様頼みで夕方まで。
日暮れが早くなり、16:00過ぎには暮れかかるようになりましたね。
昨日の疲れか、少し怠く、自分でも時折舟を漕ぐのがわかります。
久しぶりに、J・S・バッハの無伴奏チェロ組曲を引っ張り出しました。
以前某半国営放送局のFM番組のライブ録音をエアチェックしておいた、鈴木秀美さんの演奏。
第1番ト長調BWV.1007から、ステレオ・チューナーに繋いだプリメインのRECアウトからPC-9821に繋ぎ、CDRにデジタル録音したもの。
チューナーは、トリオKT-5007と云う1974年頃のモデル。
今もアルバイトで繋がれている勤務先に就職して、僅かずつお金を貯めて購入した、プリメイン、レコードプレーヤー、そしてこのチューナー。
薄給でしたから、音楽を聴くにもレコードは中々買えず、もっぱら某半国営放送局のFMクラッシック番組が頼りでした。
それをカセットテープにエアチェックして聴いておりました。
当時のステレオセットの内、このチューナーだけが唯一の生き残り、既に40有余年が経て、さすがにシグナルランプが消えてしまいましたが、その他は健在で、今も誰が聴くんだろうと思うようなクラッシック番組を受信する事ができます。
昔から貧乏でしたから、FM放送の受信には気を使い、最盛期には巨大な7素子FM専用八木アンテナを屋根に載せておりました。
それが台風で壊れてから、3素子の八木、21年前拙宅を現在の積み木のおうちに建て替えてからは、2階ベランダに設置した2素子トンボアンテナを繋ぎ今に至っています。
今聴いているバッハの無伴奏チェロが、直近のエアチェックですが、ググってみると2005年頃放送された番組のようです。
鈴木さんの息づかいやフレットを動く指の音らしき音もはっきりと聴きとれる程の良い録音です。
まあ、時折スイッチングノイズが入るのはご愛敬。
だって、アナログFM放送からデジタル変換しての録音ですから。
2週に渡りBWV1007から1012まで全曲が放送され、全てCDRに収録してあります。

最初これらの曲に出合ったのは、ヤーノシュ・シュタルケルのBWV1009のモノラルレコードを聴いた時。
コダーイの無伴奏の裏面に収録されておりました。
Youtubeからヤーノシュ・シュタルケルの独奏を貼っておきます。
無伴奏チェロ全曲の半分のようですが、後半部分もアップされていますね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/3596-3a472818


Powered by FC2 Blog