プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ


今日の韮崎アメダス、最低気温も3.4℃までさがり、冬日も間もなくやって来そう。
最高気温は、15℃程まで上り、先日程ではありませんが、風も弱く小春日和。
昨日の賞味期限切れお土産の件には、更に続きができました。
今日代替商品が届いたのですが、詫状と一緒に当該商品が多めに入っておりました。
ここまでは良いのですが、問題はその外装の方。
段ボールケースと詫状が入った、紙包みの二つの梱包でした。
内、紙包みは大型封筒を二重に使用して破袋の無いようにしてありましたが、内側に使われていたのは、煙草関係の会社からの送付物が送られて来たと思われる封筒です。
その封筒の中には代替商品と一緒に煙草自販機のサンプル・ディスプレー用に掲示する、小さな薄い煙草の箱をイメージするプレートが入っておりました。
空き袋の中を充分確認せずに使ってしまったものと思われます。
通常新しい煙草のカタログ等が入っていたのでしょうが、それだけ抜き出し、小さなプレートに気付かなかったと思われます。
これが重要書類等だったら、どうなるんでしょう。
勿論、代品送付のお礼と共に煙草のプレートが混入していた事を相手のウェブサイトから連絡を行ったのは言うまでもありません。
私のアルバイト先も同様に取引先等からの封筒は、資源節約の観点からもよく再利用しますが、その際再度中を改めるのは当然です。
ましてや、代替品を送るような事態の場合、最善の注意が必要なんですが・・・・・?
こう云った些細な事を怠るようだと、この会社、更に品質管理が杜撰なのではと、勘繰りたくなります。
お互い充分に気を付けましょうね。

お口直しにYoutubeからベートーベン先生のピアノソナタ第28番なんていかがでしょうか。
エミール・ギレリスの演奏を一緒に聴きませんか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/3606-3513e658


Powered by FC2 Blog