プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


例によって、今日金曜日はリアルなお仕事のため、元の勤務先へ出勤しました。
昨日の雪ですが、先に雨が降っていたため、拙宅付近は殆ど積もらず安堵と云うよりチョットがっかり。
しかし、勤務先に向かう途中の畑は次第に白く成ってきました。
帰宅時間を過ぎても日陰の雪は残ったまま気温が低いので根雪になりそうです。
相変わらず手順書やマニュアルの手直しに追われ、おまけに帰宅路は大渋滞。
愚痴はその辺にして、昨日の続き。
山梨の水道水についてコメントをいただきありがとうございました。
南アルプスや富士山の麓からは、良質な地下水が採取できるため、全国で飲まれるミネラルウォーターの40%以上の採水量を誇ります。
なぜ、良質な地下水を産出できるのかと云うと、本来地下深くに潜っている筈の花崗岩が地上に露出しているためだそうです。
この中を大量で良質な地下水が育まれるのだとか。
しかし、ここに一つ大きな問題があるのですよ。
山梨県と長野県等を跨ぐフォッサマグナでは、未だ造山運動が続いているようで、地下深く潜っていた花崗岩層が露出している場所は、地震に見舞われる事が多いのだそうです。
阪神淡路大震災の震源地近くでも花崗岩層を通る良質なミネラルウォーターの山地です。
ましてや南アルプスの麓、こちらもフォッサマグナと云う大断層地帯ですし・・・・?。
まあ、日本全国どこに住もうが、地震が起こらない場所なんて無いわけで、気にしてもねぇ。
富士山にしても何時噴火しても不思議じゃありません。
水道水のボトル缶
<span style=”color:シャープFF0000”><span style=”font-size:x-small;">サムネイル画像をクリックしていただくと、大きな画像でご覧いただけます。
こちら、以前掲載した甲府市と甲斐市の水道水をそのままボトル缶に詰めた製品。
現在はペットボトル入りで販売や、災害時の備蓄用に蓄えられているそうです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/3614-47d3b842


Powered by FC2 Blog