プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ


午後から雨の日曜日。
それでも比較的暖かな一日、住宅ローンを完済した頃から拙宅の設備機器も寿命を迎えております。
一昨年は、風呂釜給湯ボイラーから始まり、洗濯機、エアコン、風呂場のリフォーム、キッチンのビルトインコンロの取り換え、寝室のベッドの更新など、色々物入りな年の瀬。
やはり20年を超えるとあらゆる設備にガタがくるようです。
それでも分不相応とも言える珈琲豆の自家焙煎だけは止められず、続けております。
今週のお薦め珈琲は、先週半ばで焙煎したモカ・イルガチェフG1コチャレ。
ジェネカフェをいつものように240℃20分に仮設定後、一爆ぜが終わり豆の色と香りを確認しながら、ハイロースト程度に仕上げようと、15分40秒辺りから冷却工程に移りました。
この豆独特のモカ・フレーバーと独特の爽やかな酸味が合いまって、至高の珈琲タイムが訪れます。
やはり、設定温度を235℃から240℃に変更した事により、冷却工程に入るタイミング計る事が難しくなりましたが、その分繊細な味を楽しむ余裕が生まれたように思えます。
そして今週後半のお薦め豆は、マンデリンG1を少し強めのミディアムローストに仕上げてみました。
前述のモカ・イルガチェフG1コチャレ同様、焙煎温度を240℃に設定。
焙煎時間は16分に仮設定後、やはり豆の色と香りを確かめながら15分42秒後から冷却工程にはいりました。
こちらの豆は、昨夜焙煎したので、味を確認するのは明日以降になりそうです。
先日娘が買って来たモカ(モカシダモ?)は、焙煎豆の表面がピカピカと、豆から溶出した油で光っているほど、強めの焙煎のようでした。
私の好みは、前述のように爽やかな酸味を好みますので、溶出した油でコーティングしたような、余り強めの焙煎は致しません。
もしかすると、喫茶きまぐれの珈琲は、比較的浅めの焙煎ですので、コクが無いなどと仰るかたも居られましょうが、ご容赦ください。
なんて、小難しい事を言おうと、焙煎職人も珈琲を淹れるのばかりか、果てはお客も全て私一人が担当している『仮想自家焙煎喫茶店』ですもの(笑)。

そんな雨の夜、youtubeから東京SQの演奏で、ラベルの弦楽四重奏曲ヘ長調を貼っておきます。
スポンサーサイト

コメント

おはようございます♪

珈琲豆の自家焙煎 これは憧れです
憧れだけで終わりそうですが 豆はネット購入しています
せめて入れ方だけでもこだわりたいのですが簡単にドリップ式で間に合わせています

喫茶「きまぐれ」さんの珈琲頂いてみたいですね =^-^=

Re: はやとうりさま

はやとうりさま、おはようございます。
珈琲豆の自家焙煎ですが、それ程難しい作業ではありません。
お金もそれ程掛かりません。
今は、生豆を扱うお店も増えておりますし、手網焙煎なら器具を含め1,000円程で遊べます(笑)。
ネットでググると、結構ありますよ。
貴家は、お料理に拘られておられるようですから、お楽しみになられてはいかがでしょう。
コメントありがとうございました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/3616-dd5039ef


Powered by FC2 Blog