プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ


CDをパソコンのプレーヤーに入れ、再生しようとするとCDDB情報と云うデータが表示されます。
ジャケ絵、曲名、アーティスト名、そのトラックの長さなどが自動的にメディアプレーヤーなどのインターフェース上に表示されます。
輸入盤など邦文表記がされていないライナーノーツの場合、役に立つ事もありますが、私が所有するCD等の場合、先ず疑ってかからないと少々厄介なことになります。
メディアプレーヤーでMP3に変換する事も在り、CDDB情報がそのまま曲名としてファイル名になってしまい、いちいち書き直さなければなりません。
まあ、廉価版のセットを大量に購入しているからなのでしょうが、曲名が違っている事などいくらでもあります。
酷い場合、ピアニスト名や指揮者、オーケストラまで、こんがらがっている事も多く面倒なわけです。
傍らに用意したアルバンベルク弦楽四重奏団によるベートーベン弦楽四重奏曲全集の場合、7枚のCDに録音されていますが、中には正しい情報が取得できるCDもありますが、CD毎に入れ替わっていたりしてとても困ります。
別に元々CDに入っている情報ではなく、再生しているパソコン等がインターネット上のCDDBを参照しているらしいのですが、この情報が間違っているか、或は全く別のファイルを参照している場合もあるそうです。
でも、これらは未だインターネットの功罪で済まされますが、以下のような経験がありますから皆さまもご注意くださいね。
以前も投稿しましたが、国内盤廉価CDの話なのですが、それもネットじゃなく、だいぶ前に店を閉めた甲府のミュージックショップ・サンリンで購入したバイオリン協奏曲のCDの話です。
奇しくも某女性バイオリニストによるラロとサンサーンスのカップリング、そしてメンデルスゾーンとビュータンと云う2枚のCDでした。
ラロ、サンサーンスを聴き終え、次にメンデルスゾーンとヴュータンのCDにいれかえたのですが、なぜか流れるバイオリンは、ラロのスペイン交響曲だったのです。
CDを入れ間違えたと思いプレーヤーから取り出しましたが、当該CDには、メンデルスゾーンとビュータンの名が刻まれておりました。
もちろんジャケットや解説文もその通り。
録音されていた協奏曲だけが入れ替わっておりました。
もちろんサンリンにクレームを入れましたが、先方も初めての経験だったようです。
国内大手メーカーの製品でしたが、個々の商品を取り換えと一枚の詫状で済まし、リコールには至らなかったとの事。
おそらくその曲をプレスしたロット全てが、間違って販売されていた筈ですが、闇に葬られたのでしょうか。
或は、顧客側が全く気付かず、スペイン交響曲をメンコンと信じ、今も聴いているのかもしれません。
食品の表示間違いではないので、顧客の生命や健康に害はないのでしょうが、その方の音楽感や記憶に対する知的被害は免れません。
CD1
これが問題のCDですが、社名やアーティスト名は伏せさせていただきます。
恐ろしい話ですが、全て私が経験した事実です。
スポンサーサイト

コメント

こんばんは

お久しぶりでございます。
なんという酷い話なんでしょうか。恐ろしいですね。今回のように曲が全く違っていたら気付きますが、演奏者が違っていたらまず気付けないと思います。そういえば、以前タワレコでメンデルスゾーンの交響曲全集(グラモフォン)を買ったら、中に1枚目のCDが入ってなかったことがありました。タワレコに苦情を言ったら1枚目のCDを送ってきました。こんなことは海外の会社ぐらいだろうと思っていたのですが、、、

Re: こんばんは

kurtさま、おはようございます。
ホントに笑い話的な酷い話でした。
ジャケ絵、ライナーノーツ、そしてCDのレーベルまで、メンコンとヴューコンだったのですよ。
そして音楽だけが、ラロとサンサーンスだなんて信じられますか。
この時プレスして販売ルートに乗ったものが全て同じだったはず。
メーカー側は、それを承知していて、個々に対応したようです。
パソコンソフトのバグやトラブル対応も酷いですが、この音楽CDのような話は全く信じがたい事でした。
コメントありがとうございました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/3624-e76efcb2


Powered by FC2 Blog