プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


天体写真を撮影する場合、どうしても長時間露光(シャッター速度設定をバルブ『B』にしたままにする)が強いられるため、夜間の冷え込みにより、レンズに露が着く事が避けられません。
この際、活躍するのが懐炉です。
レンズの鏡筒やカメラの裏蓋に懐炉を取り付け、レンズやカメラ全体を温め、結露を防ぎます。
現在は、樹脂製ボディのカメラやレンズが多くなりましたが、昔は金属製が殆どでしたから、多少の熱に対しても結構荒い使い方もできました。
増感現像したネガフィルムを引き伸ばし器に取り付け、イーゼルマスクで囲った印画紙に投影して大きく焼き付けます。
平たい樹脂製バッドに現像液、停止液、定着液の3種類の薬品を用意し、別に水洗用のバケツ(簡易暗室なので、水道がありません)を用意。
四つ切の印画紙から浮かび上がるオリオンの三ッ星、そしてベテルギウス、リゲルの1等星と他の恒星、大星雲。
上手に白い点として映っていると感激しました。
北極星にレンズを向け、長時間露光すると、北極星を中心とした日周運動も記録する事ができました。
さて、今日は今年初めての拡張型心筋症の定期予約診療日でした。
久しぶりに-5℃近くまで冷え込んだ朝、お蔭で血圧も160:90と高い値を示しましたが、体が多少暖まってきた頃には130:80程まで下がり、一安心。
PTINR値は、2.8と、管理値の上限に近く良く効いているようです。
普通なら少し下げるべきなのでしょうが、ワーファリンの服用量は変更せず、このままの状態を続けます。
予約時間は10:30でしたが、早めに診察を受けた後、薬を受け取り買い物をしたりして、11:00過ぎには帰宅。
次回の定期診療日は、2月4日を予約しました。
今年はちょうど立春の日です。
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 鍵コメさま

鍵コメさま、いつもコメントありがとうございます。
当地の雪も先程から霙に替わり、積雪も溶け始めています。
鍵コメさまもお体をお労りください。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/3656-3d5d4579


Powered by FC2 Blog