プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ


モカ・イルガチェフ・G1・コチャレの生豆在庫が減ってきたので、オーダーを掛けましたが、現在欠品中のため、2月に入らないと入手できそうにありません。
現在モカ・シダモ・G4の在庫もありますが、コチャレに比べると全く旨みが違います。
人間一度贅沢を覚えるとダメですねぇ。
なんて言ってると、何処かの正月番組の一流何とかと代わりがなさそうですが(笑)。
まあ、取り敢えずマンデリンG1や他の豆もありますし、次回モカ・イルガチェフ・G1・コチャレの焙煎には間に合いそうです。
昼の珈琲タイムは、久し振りにマキネッタを使い、エスプレッソと洒落込みました。
マキネッタ
使用した豆は、上記マンデリンG1のシティーローストを使い、少々多めにしてタンピング。
これで、だいぶ根性のある力強い珈琲がいただけました。
久しぶりに聴こうと思ったのは、バージナルの演奏。
バージナルとは、エリザベス一世の統治時代イングランドで使われた長方形の箱型チェンバロ、或はチェンバロの総称だったとの事。
最初この楽器を知ったのは、40年近く前清里(現在の北杜市高根町清里)の友人宅のサロンコンサートの際、近所に施設を持つ東邦音楽大の学生さん達の演奏を聴いたことがありました。
素朴な味わいのある音色、そして形に魅せられました。

イングランドで活躍したルネサンス音楽の作曲家、ウィリアム・バード作曲のヴァージナル曲集がYoutubeに有りましたので貼っておきます。
-4.3℃まで冷え込んだ朝でしたが、最高気温は12.6℃まで上り日格差は何と17℃程もある寒暖の差の激しさ。
こんな日の夕べに珈琲を飲みながら聴くには、うってつけのBGM。
皆さまもいかがでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 鍵コメさま

鍵コメさま、ご連絡ありがとうございました。
良い演奏ができますよう、ご祈念申し上げます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/3677-f20ad1a0


Powered by FC2 Blog