プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


冬型の気圧配置だそうで、昨夜来北西風が強く吹きつける当地。
風が強いため、放射冷却現象も起きなかったせいか、最低気温も-1℃に届かない。
しかし体感気温は-十数度と云った処。
南側の窓から差し込む日差しで部屋を暖め、久しぶりにレコードに針を落とす。
昨年秋頃から聴こうと思って、ラックから取り出しそのままテーブルの脚に立て掛けておいた、フランクのオルガン全集から3枚目。
IMG_5303.jpg
マリー=クレール・アランのオルガン演奏、未だ帯が巻かれたままのジャケット。
多分80年代前半に購入して以来、針を落とすのは2度目だったかもしれません。
比較的耳障りの良いBachのオルガン作品に比べると、とっつき難いように思っているロマン主義時代のオルガン作品。
レコードジャケットのライナーノーツを読んでも久しぶりに聴くせいか、殆どメロディーも覚えていない悲しさ。
その分新鮮さをあるわけですわ。
17021906.png
気象庁からお借りした天気図によると、この冬型の気圧配置も長続きせず、大陸から足早に次の低気圧がやってくるようです。
比較的天候の移り変わりが激しかった今冬も二十四節気、雨水が過ぎ春めいてきたわけで、更に猫の目天気が続くようです。
ノロやインフル、更に猛威をふるっているようです。
皆さまも健康にご留意ください。

Youtubeから5つの小品より第2曲を貼っておきます。
ね、こんなオルガン曲、良いでしょ!
スポンサーサイト

コメント

フランクのオルガン

こんにちは
フランクのコラール第3番というのはよく聴くんですが、そのほかの曲は1つも聞いたことがありませんでした。
フランクって深刻で重いイメージがありますけど、優しいいい曲もあるんでしょうね。
映像でストップ引くところから見られるのが面白いですね。
あれどんな感触なんだろう?結構重いのかな?

Re: フランクのオルガン

unagiさま、今晩は。
私もこれで、ストップを動かすのを始めてみました。
LPレコード3枚に渡る全集ですが、中々通しで聴く機会がありませんでした。
針を落とすと、やはり難解なフレーズも多くて・・・・。
コメントありがとうございました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/3696-d35ce1f7


Powered by FC2 Blog