プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ


リアルなオシゴトで出勤する朝、いつも勤務先近くの7:00マークのコンビニで一休み。
ここで100円の珈琲を楽しむのが恒例となっております。
珈琲マシンの上部には、煎り豆が見えるようになっていて、ギトギト・ピカピカに油が浮いたフレンチあるいはイタリアン程度の深煎り豆を使っているようです。
それを一杯毎に挽いてドリップしているようですね。
このような深煎り豆は、比較的酸化しやすいため、客の回転が悪いと特に味が落ちる事が懸念されます。
また、通常2台のマシンがありますが、レジに近い方が使う率が多いような気もします。
勤務先近くのコンビニでは、職人さん?達でしょうか、多くの皆さんが珈琲を飲んでいらっしゃるようで、とても豆の回転が良さそうです。
今朝も駐車場に停めた車の中で、朝のコーヒーブレイクを皆さん楽しんでおられました。
私もそんな一人です。
珈琲を飲んでいると、気持ちだけですが、カフェインが体に沁み入るのが分かるようなきがします。
恐らく珈琲マシンのボイラーには、水道から水が供給されているのでしょうが、ここも味に関わる重要なファクターといえそうです。
平屋で戸建ての店なら殆ど自治体の水道管に直結されているでしょうから、水も新鮮で問題ないのです。
しかし、ビル等の一階部分にある店舗の場合、ビル全体の水道圧を賄うため、屋上に高架水槽を用意したり、地下に受水槽を設置している場合もありそうです。
これらの水道設備が、正しく管理されていれば問題ないのですが、往々にして管理が悪いと、・・・・??。
珈琲の味に影響します。
因みに我喫茶きまぐれ、週末の珈琲はコロンビア・サンアウグスティン・スプレモをご用意しております。
ジェネカフェを240℃に設定し14分6秒で冷却工程に移り、ミディアムロースト程度を目指しました。
一爆ぜが一段落して、豆の色と排気の匂いを嗅ぎ分けながらの兆戦。
さて、どのような味に仕上がったかどうか、明日以降のお楽しみ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/3699-497e169f


Powered by FC2 Blog