プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


ここは、韮崎アメダス観測地点に近い氏神様の付近。
久しぶりに最低気温は、2.3℃とプラスの気温で、最高気温も17℃まで上ったようです。
陽が少し傾きかけた頃、当地に咲くスプリングエフェメラル(春の妖精)達を訪ねました。
春一番に花を付け、実を結び、他の旺盛な植物達が繁茂する前に役目を終え、消えて行く可憐な植物達。
まだ蕾は堅そうです    アズマイチゲが咲いています
夫々のサムネイル画像をクリックしていただくと、可憐な姿をご覧いただけます。
左カタクリは未だ蕾が固く、桜が咲く頃まで待たねばなりません。
右側のアズマイチゲですが、陽が陰ったので、花弁を閉じ始めてしまいました。
陽が当たると、再び花弁を開きますが、明日は雨の予報ですからダメですねぇ。
カタクリはユリの仲間、そしてアズマイチゲは、キンポウゲ科イチリンソウ属の植物。
イチリンソウ属の学名には、anemoneが付き、アネモネの仲間であることがわかります。
特にアズマイチゲは、東京都では絶滅、そして山梨県や千葉県、埼玉県他でも絶滅危惧植物に指定されているそうです。
ここは谷戸の奥なので、陽があたる時間はごくわずかな時間。
カタクリが咲く頃再び彼女達に会いに来たいと思います。
スポンサーサイト

コメント

絶滅ですか。。。

こんばんは。
素敵な野草ですが、絶滅、あるいは絶滅危惧種指定とは。。。
一体何が起きているのでしょう?
ホテイランを日本の山で見たいのですが(こちらでは大きな群生地があり、絶滅の話など聞いたことがありません。。。)、日本ではもうほとんど見られないと聴かされました。稀に咲いている場所を知っている人がいても、盗掘を恐れて絶対に他言しないとのことでした。
世界中のすべての種を数えると、何十、何百という数が毎日この地上から消えているそうです。寂しいことですね。

こちらでも

こんにちは。
こちらのアズマイチゲもカタクリも野生のものは
ほんの少しになってしまいました。

野生のセツブンソウの群生地、畳2枚分足らずにところですが
その半分をシィベルカーで一網打尽に掘っていってしまった様な盗掘跡
この近所のカタクリもアズマイチゲも減りつつあります。
人の手で減らすのは許せませんね。

アズマイチゲ

こちらにも以前はあったそうですが、今はもう見ることはありません。
残念なことですが、盗掘などによるものと思われます。
先日も盗掘の後を見つけて悲しく思いました。
そちらのアズマイチゲが残っていることにホッとします。

Re: 絶滅ですか。。。

アズマイチゲ、典型的な里山に咲く多年草なのですが、こちらでは田圃の畔の法面に群生しています。
田起こしが始まる前に畔の除草をおこないますが、その際一度でも除草剤等を散布するともうダメ。
旧来の農方が行われている僅かな場所にのみ残っています。
同じ谷戸の植物であるカタクリなどに比べ、余りにも小さいからか、地元の方もこの植物が咲いている事を知りませんでした。
それどころか、この田圃の持ち主すら気が付かなかったそうです。
近くの鎮守様の春祭りの折、観察会的に地域の方に観ていただだいて、この植物の稀少性をお伝えした事もあります。
いかにこの地域の農作業が自然と調和しているかについてもご理解唯来ました。
yokoblueplanetさま、コメントありがとうございました。

Re: こちらでも

ちしゃ猫さま、今晩は。
カタクリは結構目立つので、地元の方もご存じなんです。
盗掘から守ろうと頑張っている皆さまもおられます。
方やこのアズマイチゲの場合、地元の方は元より、この田圃の持ち主の方すら咲いている事をご存じありませんでした。
春祭りで酒盛りをしていた地域の皆さまをご案内して観察会モドキ(笑)を行った事もありました。
そんな事もあり、ここの地主さまも保護に努めていらっしゃるそうです。
コメントありがとうございました。

Re: アズマイチゲ

ここのアズマイチゲですが20年以上前、どうも私が初めて見つけたようなのです。
ですから、あまり知られておりません。
それ以上に地域の皆さま、何とこの田圃を耕作されている方すら、この花の存在すら知らなかったそうです。
ご理解いただき、今は後世に残すためにも真っ当な農作業を続けていらっしゃるそうです。
この近くにカタクリの自生地もありますが、こちらは皆さんよくご存じだったのですが。
sage55さま、コメントありがとうございました。

山野草好きです

可愛いですね

Re: 山野草好きです


あおぞら39さま、こんにちは。
小椋佳さん、私も好きです。
一番好きなのは、以前投稿した陽水さんとの共作「白い一日」ですね。
この季節、スプリングエフェメラル達は、自然界のシーケンスどうりに順を追って咲き始めます。
毎春この流れを見ていると、あらためて感動せざるを得ません。
コメントありがとうございました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/3724-6f20c045


Powered by FC2 Blog