プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


今日は雨

朝から雨がしとしとと、降っています。
そのため、最低気温も5℃と高い朝でしたが結局9.5℃までしか上がらない肌寒い一日。
一日中ストーブから離れられませんでした。
昨日アズマイチゲを観に行って大正解、今日彼女達は首を垂れて花弁を固く閉じていることでしょう。
画像からですと、大きく見えますが、実際は草丈数センチ程度、花を花茎の一番上に一輪だけ戴く小さな植物です。
カタクリも自生する「谷戸」と呼ばれる地形に咲いています。
谷戸と云うのは、丘陵地が浸食され谷状になった地形で、その奥には湧水やそれにより、湿っている事もあります。
特に谷の北向き斜面では陽が余り差さず農業に適さなかったためか、塵等が投棄される事も在ったようです。
また、ここのようにカタクリが咲くような場所には、鎮守様を祭る社が建立されている事もあります。
近年、こういった地域も開発が進みアパートが建設されたり、農地の圃場整備事業により谷戸の環境が変わってきました。
水脈が断たれ乾燥化が進んだり、周りの杜が伐採され陽が入るようになると、植物相にも変化が見られ、半日陰を好むカタクリやアズマイチゲも消滅に向かいます。
私のアルバイト先の企業の裏手にも小さな谷戸があり、カタクリやアズマイチゲ、イチリンソウなどが咲いていましたが、先ずイチリンソウが30年程前に消滅し数年前にカタクリとアズマイチゲも消滅してしまいました。
私のように偏狭な野草マニア(笑)でないと、新たにアズマイチゲの自生地を探しだすのは容易ではないでしょう。
おそらく、人知れず残っている自生地もいずれ消えゆく運命なのかもしれません。

春の雨に因み、Youtubeから小椋佳さんの『少しは私に愛をください』を貼っておきます。
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 鍵コメさま

1972年のアルバム彷徨ですから、今から45年も前の歌ですね。
まだ私も高校生でした。

小掠桂って好きです

いい曲作りますね
和歌山でコンサートあって行きたかったけどパスしました

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 鍵コメさま

鍵コメさま、おはようございます。
禿げてる人、まるで私の事のよう(笑)。
いまでも私は、姿がわからない頃、謎めいた四十数年前の彼の歌がすきです。
コメントありがとうございました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 鍵コメさま

鍵コメさま、おはようございます。
このバンド、懐かしいです。
コメントありがとうございました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/3725-eab4155c


Powered by FC2 Blog