プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ


くどいようですが

今日も北寄りの風が強く吹き、寒い一日。
韮崎アメダス、最低気温こそ2.9℃と高かったものの11.8℃が精いっぱいだったとか。
気が付けば、既に3月も下旬となり桜の便りもちらほらと聞こえてくる季節です。
WTIが再びバレル48ドル台まで下落、為替も対ドル111円台半ば。
日経平均もそれらに釣られ、トランプ相場最大の下げ幅だそうで414円以上の下げ幅を記録したそうな。
これで大損した俄かトレーダーもおられましょう。
さて、いつもお世話になっている、食品の品質管理をされている『QCマスター』様のブログに自然毒についてのお話がありました。
そろそろ山菜取りのシーズンを迎える季節にもなりましたので、何度も投稿しておりますが再度有毒植物への注意喚起をしたいと思います。
気を付けねばならない植物として、ユリ科、キンポウゲ科の植物が挙げられます。
ユリ科では、スイセンとニラ。
以前家庭菜園でニラとスイセンを近くに植栽して、ニラに混ざったスイセンによる食中毒がありました。
キンポウゲ科では、トリカブトの若芽を山菜にも供されるニリンソウと間違える事が良く有るそうです。
そうそう、ヨモギと間違ってトリカブトやオキナグサの若芽を摘んで・・・・・。
これも大変な事になります。
タラの芽美味しいですが、ヤマウルシに似ていますから気を付けましょう。
かぶれますからね。
そして、有毒植物の話しではありませんが、重要なご注意を申し上げたいと思います。
山野にも所有者が居り、民有地なら個人、公有地なら国や自治体の所有になっています。
いくら山菜と云えど、本来勝手に持ち去る事はできません。
まあ、山菜取りぐらい大目に見ていると云った処でしょうか。
しかし地域によっては、入会組合を作り、入会権を持たない人が入ることを禁じられている山野もありますので気を付けましょう。
そして、本来国立公園内他特定な地域では、一石・一草たりとも採取が禁じられています。
山菜取りもルールを守ってくださいね。
スポンサーサイト

コメント

毎年。。。

こんばんは。
毎年中毒者が出ますから、これらの情報は何度繰り返しても良いのではないでしょうか?
実にタイムリーで有難いです!
そしてルールを守ることも!

Re: 毎年。。。

食品添加物等の全く害がない微々たる毒性を訴える方々がおられます。
しかし、往々にして庭に咲くスイセンやスズランが猛毒であることをご存じないのが、不思議です。
コメントありがとうございました。

MKさん、こんばんは。

気をつけないといけないものがあるのですね。
スイセンとニラは、2時間サスペンスなどで
時々登場するので、知っていましたが、
その他は。

ヨモギといえば、小さい頃、祖母といっしょに
取りに行って、ヨモギ餅を作ったことを思い出し
ました。取り間違っていなくて、ほっとしました。

Re: Mie様

「綺麗な薔薇には棘がある」と云われますが、奇麗な花にも毒があると云う事もあります。
スイセンは勿論、スズラン、イチリンソウなど。
野外観察を指導するおり、必ず手洗いの励行を言い聞かせております。
Mieさま、コメントありがとうございました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/3726-c4e7f9af


Powered by FC2 Blog