プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ


昨日に比べ少し暖かな朝。
それでもエアコンの暖房が恋しい室内の空気。
雲が掛かり、気温の上昇も緩やか。」
それでも20℃を超え、久しぶりに暖かな午後を迎えるかと思えば、相変わらず次第に風が強まると云った拙宅の辺り。
先日焙煎しておいた、モカ・イルガチェフ・G1・コチャレを使い切り、マキネッタ用にと用意した、グアテマラSHBも底を付いてきました。
そんな午後用意する豆は、コロンビア・サンアウグスティン・スプレモ。
先日煎豆屋のご主人にお聞きした「焙煎後5日目が美味しい」との話は本当でしたが、結局その頃には飲み切ってしまったのが寂しい処。
モカ・イルガチェフ・G1・コチャレは、真逆で、一週間以上経つとフルーティで上品な紅茶のような風味が消え去り、普通のモカに成り下がってしまいました。
この辺り、自家焙煎珈琲の醍醐味と云えば聞こえは良いのですが、次第に深みに嵌って行くようで、内心恐ろしい話。
さて、コロンビア・サンアウグスティン・スプレモですが、前回より僅かに浅煎りに仕上げようと思いました。
ジェネカフェを240℃20分に設定し、一爆ぜが終わってすぐの14分30秒でヒーターを切り冷却開始。
さて、焙煎後5日目が楽しみったって、その頃には使い果たしてるのが関の山(笑)。
「次はどの豆を焙煎しましょうかねぇ」なんて思っても大した種類はないのですが・・・・・・・。
スポンサーサイト

コメント

そうなんですか。教えてくださってありがとうございます。
私はいつも日曜日に焙煎した豆を使っていますので、金曜日のお客様がおいしいコーヒーを飲める・・・あれ、定休日でした。自分で飲みます^^

Re: はづきさま

はづきさま、今晩は。
私のように比較的焙煎度合が浅めの豆を好むのは少数派だと思います。
この場合、苦味より酸味が強いため、好まれない方が多いですね。
あくまで珈琲は嗜好品だと思います。
焙煎直後の味を好まれる方もおられますし、3日後が美味しいなんて話もうかがいます。
味や香りの好みは人それぞれ違うでしょうし、貴姉お店のように実際にお客様に珈琲を出される場合、
毎回同じ味を保たねばならず、特に難しい事と思います。
手網焙煎から始め、30年近く珈琲豆を焙煎していますが、私の場合あくまでも素人の域を出ません。
だからこそ、毎日試行錯誤の繰り返しで珈琲を淹れています。
コメントありがとうございました。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/3759-f72b25c2


Powered by FC2 Blog