プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ


昨日掲載した名前が判らない植物の花。
お二人の方から、この植物についてコメントをいただきました。
ありがとうございます。
キイチゴの仲間、或はカマツカの仲間ではないかと云うお話。
先ず、花の大きさですが、本当に小さくて数ミリ、草丈も林床の落葉から僅かに顔を出している程度。
周囲に同じ草丈の株も点在していましたが、同じ種類で大きな木はありません。
キイチゴの仲間にしては花が小さすぎる??、カマツカによく似ていますが、少し花の大きさが小さいのと、樹高が余りにも低すぎる???。
周囲に咲いているのは、ガマズミが多く、はじめ、この植物の小さい株かとも思いましたが、全く違う花でした。
取り敢えず、カマツカに似たバラ科の植物としておきます。
キイチゴ、カマツカ、共に資料となる画像が少なく、特に大きな株に花が咲いた画像は多いのですが、これほど樹高が低い対象の画像は見当たりません。
さて、カマツカと云う樹木が登場しましたが、別名「牛殺し」とも云われるそうで、とても堅い木で、牛の鼻に通す木の棒や鎌の柄(握る部分)に使われるそうです。
キイチゴ類もいろいろありますよね。
ラズベリーやコケモモ(ツツジ科だけど(笑))、思いだすのは、大草原の小さな家、赤毛のアンの世界・・・・。
名前の同定はできませんでしたが、諦めずにもう暫くこの花の観察も続けたいと思います。
ご近所里山に在る私の大好きなこの谷間。
キンラン、ギンラン、トンボソウ、ホタルカズラ、ジュウニヒトエ、イチヤクソウ、キキョウ、ツリガネニンジン、オケラ、アキノキリンソウ、ガマズミ、フデリンドウ、ウバユリ・・・・・その他沢山。
近くに新しい道路が通ったりして、自然環境も変わってきました。
そんな流れに棹差す事は難しいのですが、その移り変わりをしっかりと見つめていたいと思っています。
スポンサーサイト

コメント

昨日の花、私もよくわかりませんでした。それにしても可愛い花ですね。素敵な植物の宝庫があって羨ましいです。
さて、コメントいただいた スズラン ですが、友人が持ってきてくれた時に私が「これ、毒よね~」 友人「ま、飾るだけだからいいんじゃない」 ということになりました。フランスではよく贈られるそうですが・・・。ご心配くださって、本当にありがとうございます。

Re:はづきさま

はづきさま、おはようございます。
ご存じなのは重々承知で、コメントさせていただきました。
ISO9001事務局とか云う面倒くさい仕事の残務整理が続いているもので、この辺りの事がとても気になるのです。
そのため、こういう事例が気になりました。
ごめんなさい。
拙宅の近く、元々自然な環境ではなく、先人達が視線環境と共存しながら開発を進め豊かな実りを育ててきた地域だと感じます。
しかし今急激な都市化の波に飲み込まれようとしており、豊かだった里山が失われつつあります。
開発を続ける私達人間も自然の一部であり、その行為も自然の成り行きと申せましょう。
そう考えると、唯単に反論するだけではなく、その移り変わりを見届け記憶する事が大事ではないかと思っております。
環境保護の重要性も理解しています。
しかし、人々の生活の上に里山の環境が成り立っている以上、その移り変わりが起こるのは当然の結果。
安易に保護すれば良いと云った問題では無いのです。
貴姉がお住いになられている多摩丘陵、こちらも先人の知恵と努力で自然と共存しながら発展してきた地域とお聞きしております。
そんな誰でも触れる事ができる自然環境。
私もそんな多摩湖の畔を羨ましく思います。
これからも多摩丘陵のお話をお伝えくださいね。
コメントありがとうございました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/3768-24ddcca1


Powered by FC2 Blog