fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ


パイヤール音楽の捧げ物


今日は比較的暖かかったのですが、それでも最低気温は勤務先で、₋4℃位まで下がり、午前中月末の棚卸はたいへんでした。何しろ寒くて体が動きません。一度転倒もしましたが大事には至らず、元気です?。午後からは、私にさえ気温の上昇が感じられ、久しぶりに防寒ジャンパーを脱ぐ事ができました。帰宅すると某出版社から読者プレゼントとして派手な防寒ジャンパーが宅配便で送られてきました少し暖かくなったので複雑な心境です(笑)。

今夜こそBACHを聴くのだ!と、朝から意気込んでいたため、イザ何を聴こうかと迷ってしまい、結局昨日からの思い入れもあるため、「音楽の捧げ物」に決定。パイヤール指揮のパイヤール室内合奏団の演奏の物。古いレコードですが、一応デジタル録音盤です。このレコードを聴くのは、やはり十数年ぶりでしょうか。その頃からパソコンにハマり、音楽自体を楽しむ余裕が減ってきていた訳です。
以前でしたら一杯やりながら聞き込んでいたわけですが、DCMを発症して以来、お酒とはご無沙汰している事もその一端でもありましょう。
冒頭の「三声のリチェルカーレ」の響が以前はとても冷たく感じていたのですが、久しぶりに聞いていると何故か温かみを感じるから不思議です。「トリオソナタ」辺りになると目頭が潤んでくるのを感じ、なんとも形容しがたい雰囲気となりました。
今日も帰宅途中の車の中で、大好きなリヒテルの平均率を聴いていましたが、いつも聴いているとそれ程感動しないものですね。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/378-f1d33e9c


Powered by FC2 Blog