プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


現在この地球に於いて、最も繁栄している生き物は、おそらく私達人間であろうと申せましょう。
「申せましょう」と記述したのにはわけがあります。
人以外の生き物達もそれなりに繁栄しています。
以前盛夏の頃、何故セミがけたたましく鳴くのだろうかと考えました。
生き物である以上、自己保存、種の保存が優先され、更には世界征服さえ・・・・?。
雄と雌がつがい、多くの卵を産み付けたとしても、成虫になるまでに種によって様々らしいのですが3年から長い種は十数年ともいわれています。
成虫として活動できるのは、1ヵ月程だそうです。
成虫で過ごす期間は夏季前後の限られた期間ですから、幾ら繁栄したとしてもそれ以外の季節では地下で暮らすほかなく、世界征服は無理でしょう(笑)。
昆虫だけでなく、他の生き物にもそういった野望は備わっているのでしょうが、気温だけではなく、乾季雨季の別、他の生き物達との捕食関係もあり、抜きんでて繁栄し世界征服を成し遂げているのは、どうも私達人間だけなのかもしれません。
灼熱の赤道直下から、極寒の極地まで、私達人間は活動しています。
暑ければ、冷房も使いますし、衣服を調整して赤外線を遮る事も古くからおこなわれています。
寒ければ、火を焚き動物の毛皮に包まる事もできます。
それを知恵と云って良いのか判りませんが、あらゆる環境に適応して暮らす事ができるのが人間です。
他の危険な生き物を駆逐し、繁栄を築いてきました。
現在の間氷期の後、訪れるであろう次の氷河期にも、それを乗り越える知恵があるやもしれません。
現在世界的に大きな気候変動について話題になっていますが、これさえ次第に順応してゆくと考えます。
衣食住をめぐる争い(戦争の元凶)も常に起こり得ますが、私達の知恵でいずれ克服すると信じましょう。
もちろん、全て私の願望にすぎませんが・・・・・・・。

喫茶きまぐれ、今週のスペシャリティ珈琲は、タンザニア・エーデルワイス・AAを100g(生豆)用意しました。
ジェネカフェで240℃13分12秒焙煎し、ハイロースト程度に仕上げましたが、焙煎直後でも、まろやかな風味。
ここ何日かで、使い切り100gと少量ずつ焙煎を行う予定。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/3787-85a91fd4


Powered by FC2 Blog