プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ


今日午後外為、109円台半ばまで上昇し、日経終値久しぶりに20,000円の大台を切り、WTI、北海ブレント共大幅安。
まあ、この反動も来るでしょうから長続きしない、今の処デフレ期待の非国民である私にとっては嬉しい相場展開。
昨夜は一年ぶりの蛍狩り、なんて粋な話じゃなくて、ホタル舞う季節になっても毎日午後から風が強くてホタルも、おちおち愛を育む事も儘ならぬ日が続いておりました。
おまけにジトーッとした蒸し暑い夜じゃなく、冬の夜具を被って寝るありさま。
それでも風が治まったので、半信半疑ながらホタル観察のポイントに出掛けました。
出掛けるったって、拙宅から数百メートル有るか無いかと云ったご近所の川。
この川の上流には、絶滅危惧種のキンランやギンランが咲く私が大好きな小さな谷間があります。
夜風は少し冷たいけれど、数匹のゲンジボタル達が頑張って恋の明滅を繰り返していました。
雌が川縁の木陰に留まっていると、風に乗って雄がゆらゆらとやって来て・・・・。
養殖されているわけじゃないので、ホタルの数はとても少ないのですが、毎年観察しています。
ホタル祭りをしている場所は、ホタルを養殖し、それを水路に放しています。
多くのホタルを育てるには、餌となるカワニナも沢山必要ですから、これも養殖します。
ホタルを見物されている方は、これを自然発生しているホタルだと思うわけですね。
そう、例のコウ〇トリやト〇と云った、既に絶滅してしまった鳥を飼う話と同じです。
小川が3面コンクリになり、餌となるカワニナも育ちにくくなります。
ホタルも食料となるカワニナの数によって、発生する数も減ってしまうわけです。
そこに人が介在して、ホタルを増やす・・・養殖用の水路を用意してね。
そして、ホタル祭りなるイベントを開催し、ホタル音頭、カラオケ大会と盛り上がるのが定石。
表向き環境保護と云う名目で、ホタルは見世物・・・・・・嗚呼。
スポンサーサイト

コメント

こんばんは。お邪魔します。

源氏蛍ですかいいですねえ。
まだちゃんと生息している環境が・・・でも個体数はやはり少ないのですね。
僕もそろそろ蛍を見に行こうかな?
というのも我が家の前の竹林を通り抜けて畦道を少し歩くと小川に出るのですが、
そこでは毎年結構多くの蛍が飛び交います。
残念ながら源氏ではありませんけど…。平家蛍の方ですね。
うちの辺りではヌカボタルと呼ばれてます。

友人のワケ有りな娘が毎年この時期になるとその蛍を眺めに尋ねて来まして、
年々大きくなるその子を見てると子供の成長の早さに驚かされます。

川べりでぼやっと立ちすくんで蛍の乱舞を眺めるおっさんと女子中学生…
かなり怪しい光景だなあ…(汗)
でも親子には見える…かな??(笑)

それではお邪魔しました…。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

いぬふりゃさま

いぬふりゃさま、今晩は。
半世紀近く前、拙宅の辺りまで舞って来た事もあるゲンジボタル。
今は、現地まで出張しないと見つかりません。
それでも20年程前、東京からそんな自然に生息するホタルを観にきたかたも居りました。
〈川べりでぼやっと立ちすくんで蛍の乱舞を眺めるおっさんと女子中学生…〉怪しげでも良い光景です。
コメントありがとうございました。

Re: 鍵コメさま

鍵コメさま今晩は。
夏季の農作業、たいへんですね。
私は寒がりなので、気温30℃なら快適に過ごせます。
さすがに40℃近くまで気温が上る山梨ですからチョット暑いですね。
間もなく梅雨入り、雨が期待どおりに降ると良いのですが、思うようにならないのが昨今の天候。
自然の恵みを生かし、農作業に励んでください。
コメントありがとうございました。

おはようございます。

蛍が近くで見られるんていいなぁ。
こちらでは、祭りと称したイベントで
見られたらラッキーという感じです。

Re: Mie様

Mieさま、おはようございます。
例年なら、ジトーッとする蒸し蒸しする空気感の中でのホタル観察なのですが、今年はチョット違うんですよ。
午後になると毎日風が強くなり、体感気温も低く長袖が必須。
風が強いとホタルも舞えず・・・。
やっと一昨日観察を夜決行したわけです。
そろそろ梅雨入り、ホタルも楽しみですが、貴姉も体調変化にご留意ください。
コメントありがとうございました。

ゲンジボタル

まだ子供だった頃は近くの川に取りに行ったものです。
夜一晩楽しんでから放してやるというのを毎年秋もしないでやっていたような気がします。
もちろん虫かごは竹ひご細工。
30数年前には実家の近くでは見られなくなって岡山の山奥まで見に行った記憶があります。
いまでもそこはいるみたいですよ。
近くの丘陵では今でも見られるということですが、夜は真っ暗になるので見てみたいのですが、躊躇しています。

Re: ゲンジボタル

sage55さま、こんにちは。
当地は住宅地なので、ホタルがご近所に生息している事をご存じない方も多くいらっしゃいます。
夜散歩をなさる方は、大抵この季節を楽しみにしているようです。
ゲンジボタルを楽に観察できる川辺は、頻繁に車が往来する道路沿い。
そのため結構明るいのですが、風情がねぇ。
風も弱く梅雨入り間近の少しだけ湿った空気、今夜あたり再びホタルに逢いたくなりました。
コメントありがとうございました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/3803-9a498899


Powered by FC2 Blog