プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


今週後半の珈琲は、コロンビア・サンアウグスティン・スプレモ。
100g毎の焙煎だと、下手すると毎日焙煎する必要がある上、豆によっては、焙煎後のエージングが間に合わない事もありました。
そこで、旧来どおり200gずつ焙煎するように変更。
少しだけ深煎りを味わえるようにシティーローストを目指しましょう。
一爆ぜが終わり、二爆ぜが始まる頃ヒータを切りました。
この辺りが結構難しい処。
10秒の違いで油でテカテカに光るようなり、フルシティーを軽くオーバーし、まるでフレンチローストに近くなりますからね。
個人的な嗜好として、余り深煎りの豆は好みません。
皆同じ煙たい味わいになってしまい、折角のスペシャルティ珈琲が個性の欠片もないようになります。
ス〇バの紙コップコーヒ、皆同じように煙いだけの珈琲。
こんな煙たいのは、ミルクとお砂糖を足して珈琲牛乳にしちゃいましょ。
あくまでも、私の好みなので悪しからず。
フツウの皆さんは、珈琲の酸味を嫌うそうですが、私は酸味を好みます。
一爆ぜが終わり切らない程度のモカイルガチェフG1、大好きです。

Youtubeから、J・S・バッハ作曲の世俗カンタータ、「お静かにお喋りめさるな」BWV.211。
そう、珈琲カンタータと呼ばれている名曲。
その中から、一番好きな3重唱を貼っておきます。
この曲こそ、我喫茶気まぐれのテーマソングです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/3821-ba397afa


Powered by FC2 Blog