プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ


我終活

時折考えるのは終活の事。
先ず、大量にあるクラッシックのレコードやCD、引き取り手があるとは考えにくい。
レコード博物館が北海道にあるそうですが、そこへ贈ったりする段取りや費用も馬鹿になりません。
芹洋子さんのファーストアルバム「牧歌」と云ったレアなレコードもありますが、ユーミン関係は、一山幾ら?になる程度。
大バッハなら、リヒターのマタイ受難曲、リヒテルの平均律クラビーア曲集全巻他のレコード。
その他沢山の・・・CD復刻されているものも多いですが、レコードとCDは別物。
CDなら、ヤナーチェクやスクリャービン、シマノフスキと云った東欧系のソロ・ピアノ曲を全集的に殆ど集めてあります。
多くの作曲家別の作品も全集ボックスセットで相当数あります。
すべてプラスティックゴミとして捨てられる運命・・・・・。
っま、生きてる内に、これらを充分に楽しむ事にしましょう。
以前も投稿しましたが、拡張型心筋症による心不全でCCUに入っている時、苦しさを紛らわせるため、考えていた我葬儀に使う音楽の事。
そのためにCDR取り込み、段取り毎に用意した、お気にいりの曲を用意して使おうと思っていました。
しかし、ここに一つ問題があります。
某音楽著作権協会が、こう云った葬儀に流す音楽についてもイチャモンを付けているとか。
昨今では、音楽教室で使う楽曲にまで、縛りを入れて来たとか云う話。
死んだ後まで、揉め事を作るのは憚られるわけで、死にきれないわけです。
いっその事、家族葬にしてもらえば、この辺りも解決するんじゃないかと思う次第です。
ラズモフスキーの3番第2楽章、ショスタコービチのチェロとピアノのためのソナタから第1楽章をメインに使いたいと思っています。
アルビノーニやバーバーなど、お決まりのアダージョや、フォーレのレクイエム(Pie Jesu)じゃ月並みですもの(笑)。

Youtubeから我葬儀に使いたいほど好きな、ショスタコービチのチェロとピアノのためのソナタを貼っておきます。
スポンサーサイト

コメント

こんにちは^^

最近某著作権に記事が目につきますね
作者にも評判悪いみたいです

私もワーファリン飲んでますので
よくあざが出来ますよ

レコードはきっとカビが生えているかも(^^)

Re: jackさま

まあ、新しい作品ならまだしも、古い録音に対してはどうかと思うのですが・・・音楽教室から著作権料を取るのはねぇ。
ワーファリン同志?ですね。
お互い怪我をしないように頑張りましょう。
コメントありがとうございました。

私のCDもどうなるんだろうと思うことがあります。
多分産業廃棄物何でしょうか・・
少し寂しいですね。

Re: unagi さま

unagiさま、今晩は。
ご家族にクラッシック音楽を、ご理解いただいているのなら、大丈夫だと思います。
拙宅の場合、すぐさまゴミになるのは必須。
中古市場でも引き取りては・・・?。
生きているうちに、聴きまくらねばなりませんなぁ。
コメントありがとうございました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/3832-31709963


Powered by FC2 Blog