プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ


この処カミングアウト気味の投稿ばかりしております。
チョット目先を変えて、昔々大好きだったお酒の話題に切り替えましょう。
先ず、清酒。
言わずと知れた、高度な醸造技術を必要とされる、本邦が世界に誇るべき酒ですよね。
独身時代よく呑んでいたのは、今も男の酒として名高く、漫画の「こち亀」主人公両津勘吉巡査長も大好きだった「黒松剣菱」でした。
これを茶碗やコップに注ぎ、煽り込むのは最高の贅沢。
アテなんぞ不要、だけど塩辛が有ったらもう最高。
烏賊でもご機嫌だけど、酒盗なら天国気分。
それ程高価な酒じゃないけど、これが実に美味しかったのですよ。
もちろん、一升瓶からそのまま注ぐんですよ。
豊かな現在、高級な日本酒も沢山ありますが、やっぱりこの酒がすきでした。
最近流行りは、生酒とか。
製造過程で火入れ(加熱殺菌)せずに冷蔵出荷し、良く冷して飲むらしい。
はっきり云って、好きじゃない。
前出のように精々常温で冷酒を呑む、まあ、できたら燗酒が好きでしたね。
清酒好きの二男がこぼしておりました。
とある、飲み屋で清酒の冷(ひや)を注文したのに冷蔵庫で冷やした酒を出された・・・・。
「最近の若いにーちゃんは、酒の飲み方もしらん。」二男だって最近の若いにーちゃんに相違ないのですけどね。
どうも清酒をオーダーする際、冷と云う注文は通じず、常温の清酒と呼ばねばならないらしいですね。
なぜかとても寂しい気分になる話です。
前出の「火入れ」の工程ですが、出来上がった清酒を殺菌するための作業で、瓶詰する酒を用意するタンクに入れる際と、それを加熱殺菌して瓶詰する時の2回行います。
加熱温度は、清酒の場合60℃から65℃程度で行います。
加熱殺菌なんて、割と新しい技術だとお思いでしょうが、これこそ日本世界に誇るべき清酒醸造技術と云っても差し支えありません。
この火入れ作業を英語に訳すと「パストリゼーション(低温殺菌)」と言います。
英語表記だとpasteurization、パスツー???そう、あのフランスの名高い細菌学者パスツールの名前なんです。
1862年頃、パスツールが、この殺菌法を開発して、ワインやビールの醸造に用いたそうですね。
でも、本邦の清酒醸造工程では、それを遡る事300年前の1560年頃には、既に行われていたそうです。
話が長くなりそうですねぇ。
この辺で今日はおしまい、まだまだ続きます。
我ながら、アルコール類が呑めなくなると、この位の事を投稿しなきゃ気が済まないようです(笑)。

Youtubeからベト7をカルロス・クライバー指揮ロイヤルヘボウの演奏で貼っておきます。
以前も投稿いたしましたが、このベートーベン作曲交響曲第7番イ長調作品92こそ「酒飲みが呑めや唄えや大騒ぎしている」と昔から勝手に解釈している曲であります。
つまりアテにするならこの曲でしょう。
スポンサーサイト

コメント

こんにちわ
ヤツガダケ物語は面白かったです。朝活登山だなんて凄いですね。
無茶ブリ感も面白いです。
今日からお酒ですね。楽しみにしています。

Re: ハル38さま

ハル38さま、こんにちは。
若い頃は無理が効きましたが、そのツケがまわった今。
半分やけになってのお酒の話。
参考にもならないと思いますが、よろしくお願いたします。
コメントありがとうございました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/3850-4da7d677


Powered by FC2 Blog