プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ


今日、8月12日は、恒例のペルセウス座流星群の極大日。
ちょうど皆が盆休み、学校も夏休みというわけで、夜間遅くまで観望できると云う利点がある。
私のような年に一度の天体観測だなんて、云う方もおられると思います。
別にペルセウス座から流星が飛んでくるわけじゃなく、この辺りが輻射点になっているため。
じゃあ、輻射点とは。
その天球上のその位置から流星が飛び出して見えるような場所。
天体図に流星の光跡を描き、それらが交差する場所が、輻射点或は(現在は放射点と表記)と呼ばれます。
これら流星の素になるのは、彗星の尾から放射される塵のようなものだそうです。
なぜ毎年決まった日に各流星群が現れるかと申しますと、我地球も各彗星も太陽を公転する起動が決まっていて、その交点を地球が通過する際、彗星からの塵が引き寄せられ、空気との摩擦で燃え、光を発するそうです。
ペルセウス座流星群の素になる塵をまき散らすのは、スイフトタットル彗星と云う、周期彗星で、133年掛けた長楕円軌道を描き太陽を周回しているそうです。
前回地球に一番近づいたのは1992年12月12日、次回は2126年7月12日との事。
問題は、次の2126年7月12日に接近する時、地球に大接近して危険かもしれないと云う説があるそうです。
前々回でしたか、1910年ハレー彗星が大接近した際、彗星の尾の中にはいったそうですが、特に問題なかったとの事ですから、こちらも、あまり心配する必要も無いでしょう。
スポンサーサイト

コメント

夜起きたけど、星を見ていない。

MKさま。おはようございます。

夜に起きたのに、星空を見ていませんでした。
ペルセウス座がどこにあるのか、わかりませんでしたので、見逃してしまいました。
本当にすみませんね。(:ω;)

Re: 夜起きたけど、星を見ていない。

九星道さま、おはようございます。
そうですか、当地昨夜は、天候が悪く雨が降ったり止んだりの生憎の空模様。
何も考えず、寝ておりました。
極大日は過ぎましたが、あと数日は観られますので、気が向いたら夜空を見上げてください。
コメントありがとうございました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/3871-3b62ed11


Powered by FC2 Blog