fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


昨日の続きは、湯水のように??。
本来の意味は、おしげもなく、あるいは無駄に使うと云ったような意味だそうですね。
でもどの位、この地球上に水があるかご存知ですか。
地球上にある水の量
先ずこのグラフのデータをご覧ください。
昔作った牛丼プログラムから引っ張って来た、スライド1枚。
サムネイル画像をクリックして、大きな画像でご覧ください。
このグラフで表した地球上にある水の量は、13.86億立方メートルある事になっています。
ある事になっていると表現したのには理由があり、内97.47%が海水等、塩分を含むため、そのままでは灌漑用や工業用に使えず、もちろん飲料として飲む事ができません。
残り、2.53%が淡水になるわけですが、まだまだ、その中には1.76%の氷河、0.76%の地下水、最後に河川や湖沼にある地表水として、地球上の水の内、僅か0.01%、量にして、約0.001億立法メートルに過ぎません。
つまり、絶対「湯水のように」水を使う事は許されないのです。
ならば、地下水を汲み上げたり、海水の淡水化もできると仰る向きもありますね。
しかし、この場合多くのエネルギーを消費します。
コストに見合う利益が無ければ、経済活動は成り立ちません。
石油資源が豊富でも水がない国。
これらの場合、エネルギーコストが低いので、海水を淡水化する事もできます。
しかしエネルギー資源が少ない地域の場合は、無理なわけです。
北米大陸では、乾燥した広大な農地の灌漑用に地下水を大量に汲み上げているそうです。
それでも、水が足らず、農産物に影響がでているそうです。
日本は、山紫水明の国で、水資源は豊富だから水の心配なんかしなくても大丈夫。
そんな考えをお持ちの方が大部分でしょうね。
最近気候変動とか云う話をよく耳にします。
雨が降る時は、大雨となって、1時間に100mm近く降る事もあるそうです。
かたや、雨が降らず水不足に陥る地域も有ります。
自然現象だから仕方がないと諦めていませんか。
私が住む地域には、農業用溜池が沢山あります。
先人が水不足を解消しようとして、艱難辛苦の末、作られた溜池です。
そのおかげで、今も少しぐらい雨が降らなくても困らないようになりました。
また、大雨の際、洪水が起きないように、雨水が一度に流れないよに調節する役目もあります。
でも、各個人のお宅で、そんな溜池を作り、雨を溜める事なんかできないと思っていませんか?。
実は、各お宅で雨水を貯め、それを家庭菜園や庭木の灌漑用水にりようする方法があります。
今日も長くなりました。
次回は雨水を貯める事について投稿しようと思います。

スポンサーサイト



コメント

MKさま、こんばんは^^

グラフをみて、おどろきました。。。
単純に海があるから、いざという時には、なんとかなると
考えがちでしたが、よく考えて見ると使える水にするためには、
莫大なエネルギーいるんですよね。。。
湯水のように、、、とはいかない。。なるほど。
当たり前のように使っている水、環境汚染しないように大切につかいたいものです。
勉強になりました^^

Re: アップルバンさま

アップルバンさま、こんばんは。
確かに、この地球は、水の惑星と云われますが、水として存在するのは、海水が殆どなんですね。
真水を簡単に得るには、雨水の利用が一番なんです。
それも何れ投稿しようと思います。
コメントありがとうございました。

湯水

お陰様で雨水が素人農家の主夫や庭いじりの主婦の役に立っています。
ご紹介いただいた雨水タンクのお陰です。
ありがとうございました。

Re: 湯水

sage55さま、こんにちは。
あの時は遠くから、お越しいただきありがとうございました。
今年も11月に甲府市環境リサイクルフェアのイベントに参加予定です。
コメントありがとうございました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/3916-5b661c65


Powered by FC2 Blog