fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


昨夜疲れていたためか、久しぶりに少し強めな心房細動に襲われ、風呂で暖まれば回復するかと思いきや、更に悪化。
ハーハーしながら二階の寝室に・・・嫁が心配するが対処法は無いわけで・・・。
眠れるかどうか心配だったが、そのままぐっすり。
しかし、朝になっても心房細動は治まらず、循環器科にメールをいれて予約しようかどうしようかと迷いながら先ず、珈琲。
症状が治まれば、受診しても仕方がないので、そのまま様子見。
恐ろしき珈琲の威力、次第に心臓の動きも正常に戻りましたよ。
コロンビアとブラジルの生豆を半々に混ぜた、平凡な味がすると云う安い豆。
ジェネカフェに200g入れ、235℃で焙煎開始。
二爆ぜが始まる頃冷却に入り、爆ぜる音が佳境に達する遥か前に煎り上りました。
シティローストに仕上がり、贅沢を言わなきゃ充分飲める美味しさ。
使う豆の量を多くして抽出温度も低めにすれば香しく、これこそ珈琲と云う味と香り。
焙煎後二日経過しましたが、全く嫌味もなく上品に仕上がりました。
寒暖の差や精神的ストレス???で起こる心房細動。
心臓が勝手にご機嫌なリズムを刻むのは、苦しくてとても不快なんですよ。
再び夜がやってきましたが、だいたい正常にリズムを刻む我心臓君。
それでも偶に一拍誤魔化したりしています(泣)。
スポンサーサイト



コメント

お疲れ様でした

こういう時、さっさと専門家に見せに行くのがいいのか、それとも「割とあること」だから、待つ方がマシなのか、って悩みます。持ち直してよかったですが、心配ですね。
やっぱり温度が原因なんでしょうか。あったかくして、大事にしてくださいね。

他人事とは思えません

どうかお気をつけくださいね。
病院に行かなくちゃと思っていたにも関わらず
症状が治まれば、私も同じで、行かないのですね。

でも、気をつけるに越したことはありません。
お大事になさって、無理は厳禁ですよ。
とは自分にも当てはまる言葉ですが、、、、、

(私も)他人事とは思えません

冷や汗が出ますね。
MKさんほど難しい病気ではありませんが、心臓疾患を持つ身として、とても他人事とは思えません。
お孫さんが最良のお薬になるかもしれませんね。
どうぞお大事になさってください。

Re: お疲れ様でした

まこさま、こんばんは。
以前は発作が長引いた場合、DCカウンターショックと云うAEDを本格的にしたような装置で電気ショック療法により心拍を正常化していました。
もちろん意識があると死んじゃいますから、入院して全身麻酔を掛けながら行うわけです。
以前二回程経験しました。
今は、我慢して正常に回復するのを待つのが最善策のようです。
最長4昼夜ほど続いた事もあります。
この場合一番恐ろしいのが心臓の拍動が狂ってくると心臓の内部に血栓が生じる事があり、これが脳まで流れ血管に詰まると、脳梗塞に陥る危険性が増大します。
それを防ぐためにワーファリンと云う抗血栓薬を処方されています。
その代り、出血が止まりにくいのが難点です。
コメントありがとうございました。

Re: 他人事とは思えません

まみさま、こんばんは。
いつ起こるか判らない心房細動なのですが、抗不整脈剤も限度一杯まで処方されているため、治まるまでジッと我慢するのが現状では一番良い対処方のようです。
今の処、最長でも4昼夜で治まりました。
コメントありがとうございました。

Re: (私も)他人事とは思えません

らんまるベルさま、こんばんは。
心房細動が起こると、軽度でも不安が募り何も手に付きません。
そうですね。
孫は癒しになりますが、ハラハラドキドキの連続もありますから、逆効果も(笑)。
コメントありがとうございました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/3993-976f7787


Powered by FC2 Blog