fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


昨夜は風が強く、霜は降りないだろうと思っていたら、夜更けに風が止み放射冷却で-6.3℃の最低気温。
我AZオフロードのフロントガラスは、霜で凍て付き真っ白け。
何とか霜を溶かしてリアルなオシゴトに出掛けました。
帰宅すると、座布団が一組置いてありました。
IMG_5975.jpg
1年前まで使っていた20年モノ敷布団の綿をリサイクルして、昨年外孫のお昼ね布団を作ったのですが、綿がだいぶ余りました。
そこで、座布団を作ろうと嫁が蒲団屋さんに頼んだところ、少し新しい綿を足してこの座布団ができました。
そして蒲団屋さんが選んだ座布団生地は、県南東部の郡内地方で織られた「郡内織」を用意してくれました。
燃える粗大ゴミの内、一番多くて処分に手間と費用が掛かるのが古い布団だそうです。
昨今合成繊維を使った安価な蒲団が多いため、リサイクルできず、捨てられる事が多いのだそうです。
昔から、布団綿は古くなったら打ち直してリサイクルし、減った分だけ新しい綿を足して再度布団に再生していました。
拙宅では、昔から布団綿を打ち直し、子供達や孫達の布団も布団屋さんに作ってもらってきました。
天然素材の綿花から作った綿は、リサイクルして新品同様のふかふかに戻り、新しい布団を作る事ができます。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/4033-c7d29978


Powered by FC2 Blog