fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


2月の寒さが一転して春が来たらしいですね。
今日も朝から雨模様ですが、それ程寒さは感じずエアコンも早朝稼働しただけ。
さて、昨日の鹿さんとオオカミさんの続きを考えましょう。
鹿さん達が増えて農作物に被害が広がったのは1980年代以降の事。
二ホンオオカミが絶滅したとされるのは1905年。
実際は1900年以降、鹿の天敵となっていたとは考えにくい。
つまり、オオカミの絶滅と鹿の個体数が増えた事に因果関係は無いと思うわけです。
鹿が増えた原因として一番考えられるのは、積雪量が少なくなったことが一番大きいのではないでしょうか。
積雪が45から50cmで餌を摂る事が困難になり、50cm以上の積雪日数が50日を超えると死亡する鹿が増えるそうです。
これは、足の長さが関わっているようで、小鹿なら尚更少ない積雪で死んでしまうそうです。
この雪の深さについては、鹿だけでなく、猪にも当てはまるようです。
今年、各地で積雪が多くなりましたが、鹿さん達も受難の冬だったのでしょうね。
そんなわけで、オオカミさん達を再導入して鹿さん達を食べてもらうのはチョット引っかかるのです。
そして狩猟人口の激減も鹿等野生動物増加に関係があるようです。
生き物を守ろうと云うのが自然保護と考える風潮もありますが、人間にとっても農作物を栽培する事は、生活の糧を得るためでもあり、食料を得るためでもあるわけです。
皆さんどう思いますか。
そして以前投稿したように嫁と連れ立って、確定申告に合同庁舎の甲府税務署に出掛けました。
いつもは、市役所で申告するのですが、チョット事情があってこちらになりました。
etaxを使わせようと、担当の方はサポートするのですが、とても分かりにくいアプリケーションソフト。
携帯電話同様、年寄りには理解しがたい内容でした。
来年は勿論地元の市役所でやりましょう(笑)。
スポンサーサイト



コメント

こんばんは

人間の身勝手さはどこまで続くのでしょうか?
以前 NHKの特集だったか、ニホンオオカミと
犬を掛け合わせる番組をみた気がします。
そこまでしなくても良いと思うけど・・・

「無いものねだり」もいいトコですね~

Re: そらまめさま

今度オオカミが増えたらどうするんでしょうねぇ。
人が故意に生態系を変える事は、とても危険だと思います。
コメントありがとうございました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/4061-53e0ebda


Powered by FC2 Blog