fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


何処かで、カタクリが盗掘されたそうですね。
スプリングエフェメラル(春の妖精)の代表格付たるカタクリ。
名前のとおり、近代まで栽培した、この植物の根っこから上質の澱粉「片栗粉」を生成したそうです。
現在販売されている片栗粉、上物でも北海道産のジャガイモの澱粉から作るそうです。
安いのは、あの国の澱粉でしょうか。
度々盗掘されると云うカタクリですが、関東甲信越北部や東北地方では、それ程珍しい植物ではありません。
スキー場やキャンプ場にも咲いているとか。
以前私の勤務先(現在のアルバイト先)からも眺める事ができた程。
今回盗掘されたのは、管理されていた場所だそうです。
私が毎年観に行く自生地は、韮崎市郊外の谷戸にある神社の御神域。
ここのカタクリは結構有名なのですが、それより珍しいのはキンポウゲ科のアズマイチゲ。
田圃の畔の法面に咲いていますが、その田圃の持ち主すらその存在を知らなかったという全く目立たない植物。
以前近くで農作業をされていた方にこの植物について説明したところ、その方を通じ、このアズマイチゲが咲く、この田圃を守ると確約をいただきました。
石灰質の土壌を好むようですが、過度な農薬使用や施肥があると絶えてしまう植物。
このような植物は、田圃などでも人との共生が上手く行われていないとだめ。
柔らかな陽があたると花が開き、陰ると閉じます。
まだ他の植物が芽を出す前、春一番先に柔らかい葉と短い花茎を伸ばし、白い花を一輪だけ付けます。
そして、他の植物が繁茂する前に枯れてしまい、次の春まで一休み。
このブログのプロフィール画像にも使っている可憐な白い花。
IMG_6035.jpg
ね、可愛いでしょ。
今日は朝から晴れて観察には好条件なんですが、孫達の保育があり陽が陰った午後になってしまい、折角の彼女達、花を閉じ始め半分お休みモード。
公的に保護できないかと云うお話もありますが、こう云った植物の場合、前述のカタクリのように保護した事によって皆がその珍しさを知り、かえって盗掘に遭う事も逆に考えられます。
田圃の所有者すら咲いている事を、全く知らなかったぐらいで丁度良いのです。
そうそう、先日シティローストに仕上げたルワンダの焙煎豆ですが、焙煎後3日目にしてやっと味と香味、コクも深まり美味しくいただけるようになりました。
でも品質的には焙煎後1週間程で鮮度が落ちるため、あと数日が美味しく飲める限度ですね。
来週前半には無くなるので、次の豆を焙煎する予定です。
スポンサーサイト



コメント

山野草可愛いね、私は育てないけど展示会には行きます

見るだけですが、いいかんじです

Re: あおぞら39さま

あおぞら39さま、こんにちは。
私も育てようとは思いません。
咲く場所と、季節が分かりますから、それで充分です。
コメントありがとうございました。

アズマイチゲかわいらしいですよねー。カタクリの盗掘のニュースをみると嫌になりますね、、、なんでそんなことしちゃうんだろう、、、自然好きとか自称している人たちだったりするとがっかりだなぁ。

Re: TORUさま

TORUさま、こんにちは
仰るとおり、自称自然愛好家と云った公算が強いですね。
カタクリなんて、その時期になれば咲くわけですから、メンド―だと思います。
この季節カタクリは珍しい花じゃありませんもの。
自然公園等でも咲かせていますからね。
コメントありがとうございました。

アズマイチゲ

偶然ですが以前山梨の某所で見たことがあります。
余りにも可憐な花だったので、まだフィルムの頃でしたが撮った記憶があります。
それ以来一度も自然の中では見たことが無いのですが、もう一度見たい花の一つです。いい場所にお住まいですね。

秘密の花の咲く場所、人に教えてはいけません。
経験上、口止めしておいても必ず教えた人から伝わって珍しい花ほど盗掘されます・・・

Re: アズマイチゲ

sage55さま、こんばんは。
まあ、私も勤務先裏手に咲くヤマホトトギスで散々な目に遭いましたからねぇ。
ここは車から降りて20メートル程歩かねばなりませんが、他にドライブスルーで観察できる自生地もありますが、チョット拙宅から遠いので、いつもこの場所で遊んでいます。
コメントありがとうございました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/4079-7117ff4d


Powered by FC2 Blog