fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


身近に感じる明るい話題がありました。
IPS細胞からシート状の筋肉を作り、それを心臓に貼り付けて病気の治療に役立てようという治療方法。
どうして身近に感じるかというと、プロフィールにも記載しておりますように現在私は『拡張型心筋症』と云うマスコミ曰く心臓移植以外有効な治療法が無い??と云われている重い心臓病に罹患しております。
この病は国が定めている特定疾患(難病)に指定されていて、治療には一部公費が充てられております。
風船のように伸びきって、心臓のポンプ機能が低下し、やがて死に至る・・・・と云った症状。
もちろん重篤な患者さんから私のような軽度??な患者まで様々な症例がありますが、心移植を待ち望んでおられるような方には、このIPS治療は朗報と言えましょう。
弱った心臓の筋肉を再生する事ができるかもしれないのだそうです。
眼科でもこのIPS細胞で網膜を再生する治療が進んでいるようですので、心臓にも期待が掛かります。
今の処私自身は、投薬による内科的治療が功を奏し、最近再度心臓が少し拡張気味ですが、何とか生きながらえているので、大丈夫?でしょう。
そういえば、私のような網膜剥離の治療法としてもいずれおこなわれるかもしれません。
医療分野の技術は、日進月歩ですすんでいるそうです。
そのうち膝関節の治療もできるかもしれません。
まあ、何れも私が生きている間には間に合わないかもしれません。
IMG_6243.jpg
そして、何となく聴きたくなった音楽は、ベートーベンの交響曲から4番。
久しぶりにブルーノ・ワルターが指揮するニューヨークフィルのレコード。
1952年頃の録音なので、もちろんモノ―ラルですが、充分鑑賞に耐えうる音質です。
手持ちの4番は、同じ時代のフルベン・ウィーンフィルを筆頭にいろいろありますが、一番古くから聴いている事もあり、このワルター・ニューヨークがお気に入りです。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/4133-45d29d87


Powered by FC2 Blog