fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ


田圃の水質

朝長男から私宛に電話が入り、田圃に入れている川水の水質を調べたいので、関係先を紹介して欲しいらしい。
環境カウンセラー仲間には、水質関係の計量士が多いので連絡を取ってみました。
皆忙しいらしい(あたりまえですね)ので、伝言を頼んだりメールを入れたりしておきました。
以前も投稿したように、長男が田圃に引き入れている水は、小武川から取水した水。
いかに上質のきれいな水を米作りに使っているか、米の袋やパンフレットなどでアピールしたいようなんですね。
唯、問題は数値的に良い水質かどうかなんて、一般の皆さまにご理解いただけるかどうかなんです。
もちろん有害な重金属類が少ない或は無いに越した事はありませんね。
でもね、ここで私なりに考えてみました。
水質検査をした処で、それは採水した時点の水質記録でしかありません。
そこで私達は、水質指標生物の生息状況から、過去からの水質推移を調べています。
先日長男が代掻きの際、サワガニが田圃に入ってきたことをお伝えしましたね。
サワガニが生息できる環境は、きれいな河川を表す指標「水質環境Ⅰ級」にあたります。
下手な水質検査表をかざすより、サワガニが棲む環境の水を使って米作りをしている事の方が、より説得力があると思うのですが、いかがでしょうか。
因みにホタルが棲む水域は、きれいな水が流れていると思われがちですが、さにあらず。
ホタルの食糧になるのは、カワニナと云いう小さな巻貝ですが、この貝が生息する環境は、
サワガニが棲む「水質環境Ⅰ級」(きれいな水)ではなく「水質環境Ⅱ級」(少しきたない水)に生息するため、ホタルが棲める水質環境は、サワガニが棲む水質環境より劣ると考えてよいと思います。
指標生物その1→指標生物1
指標生物その2→指標生物2
これらのサイトに掲載されているのが環境指標生物です。
皆さんも川の底に潜む彼らをそっと探してみませんか。
一目瞭然で、水質環境の良否が判っちゃいますよ。
スポンサーサイト



コメント

ほたるの方が良い環境かと?

こんばんは、水質の事、勉強になりました。

ほたるの生息する環境が良いと言われていましたので、
それよりサワガニの方が水質が綺麗とは初めて知りました。
私の住む地域でも田んぼにサワガニが生息しています、
見つけたら可愛く思います。

環境に対して、正確な情報を今後も発信して下さい。

Re: ほたるの方が良い環境かと?

ボロトレーンさま、おはようございます。
一般的にはホタルが生息する環境は、良いと云われていますね。
ご近所里山のホタルも少ないですが、現在舞っております。
その環境は、農業排水のみならず家庭雑排水も流入しています。
ある程度そんな有機物が多くないとホタルの餌であるカワニナが育たないようです。
まあ、それにも限度があって、雑排水が多くなるとカワニナもホタルも居なくなります。
そちらもサワガニが棲める良い環境なんですね。
コメントありがとうございました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/4152-cdd11d6f


Powered by FC2 Blog