fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


入梅となり、昨日は台風が太平洋岸を通過して梅雨前線を刺激して大雨が降った処もあったそうですね。
そんなわけで、今日も懲りずに雨のお話。
以前も投稿しましたように雨水は地上の水分が蒸発して水蒸気に変り、空に昇り冷やされて雲を作り、やがてそれが凝集して雨が降ります。
だから、雨水は蒸留水と同じと云われています。
但し、降り始めの雨の中には、空気中のゴミや不純物他を洗い流すため、最低でも降り始めから暫く経過した雨を想定した方が良いと思います。
そんな蒸留水のような雨水がどうしてミネラルウォーターの元になるのかは、地下深く浸透した雨水が地下水となりますが、その過程で様々な物質が溶け込みます。
主な物質として、珪素、アルミニウム、鉄、カルシウム、マグネシウム他の主に金属イオンが溶け込みます。
最悪の場合、砒素、水銀、なんていう有害金属が溶け込んだりすると、もうタイヘン飲み水には使えませんね。
私達の地球表面を覆ている地殻には、様々な金属の化合物が存在します。
その中で一番多い金属が珪素で、次いでアルミニウム、そして鉄が続きます。
他に上記カルシウムやマグネシウムも存在します。
そのうち、特に水に影響を与えるのが、マグネシウムやカルシウムで、これらの量が多くなると硬水、少ない水は軟水に区別されます。
日本の場合、殆どの地下水が軟水だと云われていますね。
国外に比べ、島国である本邦は地中に浸透した雨水が、比較的短い距離を移動する間に採水されるためのようです。
国外、特に大陸地域では、その距離も時間も長くなるため硬水が多いとか。
そんな軟水を汲み上げたり、河川から採水している我が国の水道水は、そのまま飲んでも大丈夫なんだとか。
梅雨時の雨油鬱ですが、これが無いと瑞穂の国の稲が育ちませんし、夏の渇水も心配ですよね。
雨の恵みに感謝して、この季節気持ちだけでも晴れやかに過ごしたいものです。

雨をテーマにした歌で一番好きなのは、荒井由実さんの4枚目のアルバム、14番目の月の「Good luck and Good bye」ですね。
ハイファイセットも応援してるライブ演奏をYoutubeから貼っておきます。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/4159-aa57060b


Powered by FC2 Blog