fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


今日は立秋ですね、
朝から曇りがちで、時折陽が射す程度なれど少々蒸し暑い一日。
某半国営放送局の朝ドラ「半分青い」を今朝も視聴しておりましたら、原田知世さん扮する律君のお母さん、和子さんの病状が知らされましたね。
どうも重い病気らしい事は、ネット等でも囁かれていたりしましたので「癌あたりかなあ?」と推測していましたら、なんと私と同じ病気、重篤な心臓病といわれている「拡張型心筋症」とのこと。
2008年頃と云うと、私が罹患した3年後ですね。
国指定の難病(特定疾患)で、当事も今も確立された治療法は、心臓移植以外に無いと云われている不治の病。
まあ、私のように比較的軽度の場合、内科的治療として服薬そして、運動制限、塩分制限と水分制限により、生き長らえる事ができるようになりました。
それでも頻繁に起こる心房細動に怯える日々を送っています。
生涯心臓の動きを緩やかにするため、αβ遮断薬、そして心臓の動きが悪いので、心臓内に生成する血栓を予防するための抗血栓薬「ワーファリン」、降圧剤、利尿剤、抗不整脈剤他が欠かせません。
その挙句、ワーファリン服用と知るや医者からは観血治療を施して貰えません。
朝の連ドラで初めて拡張型心筋症が取り上げられたことになります。
なんでしょうねぇ、今まで何があっても明るい番組でしたのにこの展開は・・・・・。
だいたいこの後の展開は分かるような気がしますが、和子さん、がんばってください。
スポンサーサイト



コメント

私の知らない病気がいろいろあるのだなと思っています。
毎日お大事になさってくださいね。
カレンダー通りにはいつもいかないですよね、
まだまだ暑さが続きそうです、
水分制限お辛いのではと思います。

Re: ReikoJanvierさま

ReikoJanvierさま、こんばんは。
今日の当地、立秋には程遠く真夏日にはなりましたが比較的過ごしやすい一日でした。
私の病の場合、主治医の指示に従い生活すれば、何とか生きていられるようなので、余り深刻ではありません。
やはり夏季の水分制限は堪えますが、汗として排出される分は補給しています。
コメントありがとうございました。

我が家の連れ合いも心臓バイパス手術で障害者4級です
血栓のできない薬とか朝5種類飲みます
合わせて高次脳機能障害、アルツハイマーです
3つ病名持ってます
アルツハイマーは1年ごとに進むらしいです
だからいい思い出作りをしています
何にも解らなくなったらお終いですから

私も時々、朝ドラは見ます。そうだったんですか・・・
くれぐれも無理なくお過ごしください。
↓の七五三写真、とても可愛いですね! 
満面の笑みのお二人のお顔が想像できます。
土鍋コーヒー豆焙煎ですが、これで終わりとなったらすぐに平らなザルにあけウチワであおいで熱を冷まします。100グラムくらいですから簡単です^^

Re: あおぞら39さま

あおぞら39さま、こんばんは。
私も罹患後1年間だけ、心臓疾患の4級でした。
その後症状が一部改善したため、身障者手帳は返納しました。
今は特定疾患受給者証があるだけです。
お大事になさってくださいね。
コメントありがとうございました。

Re: はづき さま

はづき さま、こんばんは。
今夜は、立秋と云う季節に相応しい夜風が入ってきます。
私も今朝の回で知りました。
ほんとに他人事じゃないので、和子さん心配です。
ジェネカフェが戻ってきて、今日久しぶりにキリマンジャロを焙煎しました。
明日のブログでお伝えする予定です。
明朝は冷えそうですが、今度は13号が心配ですね。
大雨の恐れも有りそうですから、お互い気を付けましょう。
コメントありがとうございました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/4215-7b537544


Powered by FC2 Blog