fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


高年齢者及び障害者雇用状況報告の提出義務。
昨今話題になっているのが、官公庁に於ける身障者雇用促進制度に対する水増し申告ですね。
毎年各企業は「高年齢者及び障害者雇用状況報告」と云う書類の提出義務があります。
これを怠ったり、虚偽の記載をすると30万円の罰金が科せられるんですよ。
この書類への記載は、結構面倒な作業でしたが、今のアルバイト先を定年退職するまで毎年私がおこなっておりました(だから今はやってません)。
ISO9001関連の資料作りに随時従業員数を把握する必要があったため、ついでにやってました。
これがその書類への記載要領です。
https://www.mhlw.go.jp/bunya/koyou/koureisha-koyou/dl/kinyuyouryou.pdf
男女年代別に従業員数を調べたり、定年退職者の状況や身障者人数の把握、資本金額、その他もろもろな作業です。
罰金どうのこうのより一番重要なのは、各企業に於けるコンプライアンスです。
その中で最も重視しなければならないのは、法令順守ですよね。
そのためには、身障者の雇用数も企業規模によって人数が定められています。
それに従わなければ、納付金を納めれば良いのですが、それでは本当の意味での法令順守にはなりませんよね。
身障者の方と健常者の方、皆が楽しく働くためには、雇用条件や待遇も平等に考える必要がありますし、それぞれの技量も違いますから、調整は難しいわけです。
知的障害をお持ちの方もおられますから、専用のマニュアルや作業標準も考えなくちゃね。
記録書類にはイラストをつかったりもしました。
私も一時期ですが、内部疾患による身障者手帳の交付を受けていた時期もありましたので他人事じゃなかったわけです。
そして結局全て私にこう云った仕事が降りかかってくるわけで、更にイロイロ覚えましたよ。
そんな経験もあり、健常者と各種身障者との橋渡し役やボランティア活動のまとめ役も行ってきたわけです。
ですから今回官公庁での身障者雇用人数水増し報道には、酷すぎて憤慨どころか呆れ果てるだけ。
年齢性別、ハンディキャップの有無に関わらず、誰でも人それぞれに仕事があり、納税(ココ重要ね)できるような社会を目指したいものです。
スポンサーサイト



コメント

こんな事をやっていてだれも責任を取らないというのが日本の政治、何とも情けないです。
これじゃ、泥棒をやっているのと同じじゃないですか。
この一年で政治に対する情けなさは虚しさに代わっていきそうです。
民間の方がきちんとやっているじゃないといいたいところです。
これから是正しますと言われても次から次へとこんなことばかりやっていて、日本政府や官公庁は恥ずかしいと思わないんですかね。

Re: sage55さま

sage55さま、こんばんは。
現役の頃、毎年一生懸命に「高年齢者及び障害者雇用状況報告」を作っていました。
私達民間企業の存続には、コンプライアンスの厳守が必須項目。
親会社には「法務コンプライアンス部」なんて凄い部署があり、監査部も重箱の隅を突くほどにあら捜しをしています。
ケーサツよりオソロシイ、親会社のチェック部門に指摘を受けないように真っ正直に書類を作成したものです。
それに引き換え、官公庁がこの有様です。
モリカケなんかどうでもいいのですが、こっちは困りますね。
ただでさえ、身障者の雇用が伸び悩んでいるというのに手本となる官公庁がこの状況では、情けない年か言いようがありません。
コメントありがとうございました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/4235-ffa868f9


Powered by FC2 Blog