fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


今日は昨日一昨日と違い気温が上がらない一日。
なんせ朝一番で最高気温を記録後、以降小雨が舞い気温は低下義気。
それでも18℃以上あるので、長袖シャツを羽織れば問題なし。
さすがに半ズボンじゃ無理なのでジーンズ姿。
珈琲生豆、タンザニア・エーデルワイスAAが無くなりましたので、煎豆屋さんに今夕届けていただきました。
IMG_6443.jpg
下の画像、タンザニアエーデルワイスAAの生豆ですが、エーデルワイスは珈琲農園の名前、タンザニア産の珈琲豆は全てキリマンジャロの銘柄名が使えますが、こちら、あえてキリマンジャロと名乗らず、農園名で流通しています。
IMG_6444.jpg
この珈琲豆の特徴は、某大手自家焙煎屋さんのパンフレットによると「柔らかな酸味、甘味、コク、香りに優れ欧米のグルメ市場でも高い評価」だそうです。
我喫茶きまぐれ、店主もお客様も一人二役の私MK一人だけですが、贅沢にもこれ程の豆を使っております(笑)。
コピ・アルクやブルーマウンテンなんて高級品は、霞を喰らう年金暮らしの私にはふさわしくなありませんから、精々「モカ・イルガチェフG1コチャレ」「グアテマラ・アンティグアカペウ」「コロンビア・サンアウグスティン・スプレモ」そして今日の「タンザニア・エーデルワイスAA」辺りまでが手が届く範囲です。
まあ、これら4種類にしても素人が手を出す範囲じゃありませんが、少しだけ分不相応な贅沢気分を味わいます。
ホントは70キロの袋単位なら安価なのですが、使い切るでに何年も掛かりそうですし、保管場所がありません。
そのため、月に一度程度の割合で1キログラムずつ煎豆屋さんのご主人が帰宅途中に届けていただいています。
時折安い豆が別業者からスポットで入りますが、メインは主に煎豆屋さん経由になります。
今日も朝メールで発注し、金額と共に配達時刻の返信がありました。
以前も投稿しましたが、四半世紀ほど前、某生協の陰謀によって自家焙煎器具を買った後の生豆供給が絶たれた際、当時自家焙煎の業態があまりなかったのですが、ご近所の煎豆屋さんのご主人に生豆の販売をお願いして以来、快く分けていただいております。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/4262-9d69193c


Powered by FC2 Blog