FC2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ


暑さに耐えきれず、このノートもハングアップ。
これ、猛暑の頃のお話でした。
SSDにRAMを16G積んだCorei5のラップトップPC。
WINDOWS1064bitのマシン。
冷却ファンが逝っちゃったと思い甥っ子に修理を依頼するため、夏以後アップデイトしていなかったOSやセキュリティソフトをアップデイトするため排気口に電気掃除機のノズルを置いて冷却しながらやってました。
そして掃除機を止めた後も微かな風切り音がするので、排気口に手をかざすと暖かい風がながれてきました。
そう、冷却ファンが復活したのですよ。
ラッキーとばかり喜んで、ひざ掛け代わりにラップトップで暖を取っています(笑)。
あと、バッテリーがヤバくなっているので、放電リフレッシュを掛けたいのですが、マニュアルにはありません。
これは甥っ子に頼まねばなりませんななぁ。
修理と云えば、こちらのスピーカ???。
哀れFE83
クリックすると大きな画像でご覧いただけます。
素焼きの植木鉢にフォステクスの80㎜フルレンジユニットを納めたスピーカー。
植木鉢の水抜き穴をバスレフダクトの代わりに使っています。
30年以上昔に遊びとして作ったものですが、子供達そして孫達の手に掛かり今やコーンどころか、ダンパーまでボロボロになってしまいました。
同じような型番のユニットがまだ販売されているので、交換すればよいのですが、一つ約5,000円近くするので二の足を踏んでいます。
昔は少し大型のブックシェリフを使っていたため、小さな点音源として使っていましたが、今使っているKEFが小さいので、特に植木鉢を使う意味もなさそうです。
スポンサーサイト



コメント

掃除器のノズルを冷却ファン代わりにするなんて、その着眼点に驚きました。
そして見事復活したというのですから、再度の驚きです。
ともあれ、マシンの復旧、おめでとうございます。

Re: 声なき声さま

超えなき声さま、お寒うございます。
ラップトップの構造は簡単で、吸気口から排気口までの空気の流れを作ってやれば良いのでデスクトップに比べたらこの辺りは、楽ですね。
CPUファンもないので、排気口から空気を吸いだすだけです。
この方法は、珈琲豆焙煎機の掃除をしていて思いつきました。
今夏の猛暑で排気系に無理が生じ、ファンに何か引っかかっていたのかもしれません。
これで暫くこのラップトップを使い続けることができ一安心。
コメントありがとうございました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/4349-7a311616


Powered by FC2 Blog