fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ


今こうやって書き込みしながらベートーベンのピアノソナタ第24番嬰ヘ長調『テレーゼ』作品78を聴いています。演奏は、フリードリッヒ・グルダです。レコードを掛けて聴いていると思うでしょうが、実はレコードの信号をウェーブファイルでパソコンに取り込み、更にmp3に変換して保存してあります。元々所有しているレコードをデジタル化して個人的に聴いているだけなので、著作権上も問題ないはずです。
私は、音楽愛好家ですが、オーディオマニアでは有りません。ですからこのようにパソコンデスクの下に転がしてあるだけの一組500円程度のアンプ付きスピーカーで充分に満足です。
一応レコードを聴くためにDENONのアンプや旧マイクロ精機製のレコードプレーヤーもありますが、今こうしてブログを書きこんでいるときなど、mp3で問題ありません。
スピーカーがカーペットの上に転がしてあるため、低域が増強されているようで、XP付属のメディアプレーヤーのイコライザーでクラッシックモードにすれば、それなりに結構良い音がします。
特に先日Amazonで購入したプロコフィエフのピアノソナタ全集を同様にmp3に変換してCDRWに書込み、車の中で聴いていますが、3番のソナタにハマっています(笑)。
CDをそのまま聴くのと違い、各ソナタを番号順に聴き比べるのにも重宝しております。
5枚組みのスクリャービン、プロコフィエフ、ショスタコービチなどのピアノソナタ全集がCDR一枚の半分ぐらいに縮小することが出来るため、管理が非常に楽になります。
特に車の中で聴く時は大変便利です。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/647-572ce9b1


Powered by FC2 Blog