fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ


社員旅行の沖縄旅行、一泊二日の強行軍!一夜明け、未だ体がフワフワしているように感じます。
我家から勤務先まで約1時間弱、バスに揺られて羽田まで2時間強、ヒコーキで那覇まで2時間、後は那覇やゴザ(沖縄市)周辺などをグルグル??、以上を往復。

旅行日程表

これが日程表です。我家を4:00に出て、昼前からの泡盛工場見学など結構見所もありました。
泡盛メーカー『まさひろ』さんは、勤務先と多少関係があるため、泡盛の試飲も多く用意していただき、元大酒呑みとしては嬉しい見学でした。黒糖をかじりながらちびちび呑む泡盛は結構美味しいです。

玉泉洞02

沖縄ワールドで『ソーキそば』の昼食後、施設内の『玉泉洞』を探勝。
私のような天邪鬼にとっては、観光施設に成っているため、見学通路確保用に鍾乳石や石筍が切り取られているのが侘しいですね。
それでも30年ほど前、東京都の『日原鍾乳洞』を訪ねて以来、久しぶりの洞窟なので感激でした。
珊瑚礁の堆積物が地下水による侵食で空洞になった地形。時間の流れと海の偉大さを感じます。

首里城01

首里城02

初日2ヵ所目は、琉球王朝の栄華を偲ばせる首里城公園で世界遺産の見学です。
沖縄戦の戦火を潜り抜けた石作りの門など往時の面影が残ります。
宿舎の『沖縄残波岬ロイヤルホテル』で、沖縄料理のバイキングとアルコール類他の呑み放題プランと言うわけで、私にとっては虚しいプランでした。それでも持病にはこの際目を瞑り、お腹いっぱいの料理と、オリオン生麦酒をグラスに2杯だけいただきました。
朝食もバイキング形式でしたが、私のような肉食動物にとって沖縄の豚肉料理は最高です(笑)。

読谷村の浜辺

食後出発まで時間が有ったため、多少でも東シナ海の浜辺を歩こうと散策。
天候はどんよりしていましたが、静かな海の色は綺麗です。本州の浜に比べ砂の色も珊瑚礁の残骸が多いためか、白っぽい色をしています。

二日目は、海洋博公園の見学でしたが、昨晩書き込んだように『美ら海水族館』で時間まですごしておりましたが、他の施設を健康体という機動力?に物を言わせ歩き回った他のメンバーは、スコールもどきの雨に降られ、難儀した模様。私は傘を持参していました、が幸いな事に殆ど活躍する機会がありませんでした。

観光旅行でお決まりの「お土産」ですが、沖縄県人よりも沖縄に詳しいメンバーが作ったスケジュールにより、一般的な観光客相手のみやげ物店ではなく、地元の皆さんが利用するJA関係のマーケットを中心に買い物を進めたため、レアな物をゲットできました。

ブルース

web上でも有名な、『ブルース』!モチモチした食感がたまらんと言う話。

サーターアンダギー

安いサーターアンダギーを他の同様なスーパーで見つけたり、朝バイキングで食べ過ぎたので、遅い昼食用として、100円也のソーキそばカップ麺セルフサービスセットに舌鼓。
地元に詳しい筈の観光バスガイドさんまで、安さに釣られ、使命?を忘れて一緒に夕食材料を買い込むなど、一味違った面白さでした。

ポケモンジャンボ

帰路のヒコーキは、ポケモンジェットだったとか?、暗かったので記念ポストカードを貰うまで知りませんでした(笑)。

教訓:
行きも帰りもジャンボジェットは満員御礼?。一泊二日の観光旅行でも大量のお土産を買い込み意気揚々!やっぱりお金を使わなくちゃこの国の経済は成り立ちません。
これを見る限り、まだまだこの国は大丈夫?だと信じたい。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/747-ee31273a


Powered by FC2 Blog