fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ


朝のFMでイギリス音楽の特集をしていました。
その中でも大好きなブルッフ作曲「スコットランド幻想曲」も流れていまして、諏訪内明子さんのバイオリン独奏だったと思います。
そんな訳で帰宅後聞いているのもルドルフ・ケンペ指揮ロイヤルフィル独奏バイオリンは「チョン・キョン・ファ」のレコードです。
朝から勤務先売店のネットワークがダウンしたり、小諸の事業所から電話によるサポート依頼とか、昨日壊れたカラーレーザープリンターの修理立会ほか多数の業務を一緒に行い、明日発行の書類等送付準備で残業し、やっと帰宅した後、疲れを癒してくれるバイオリンの音色。
遥か大昔(三十数年前)FMで聴いたチョン・キョン・ファさんの同曲を聴いた感動を今でも覚えています。
この曲で見も知らぬスコットランドは、あこがれの土地となり、スコッチウイスキー「ブラック&ホワイト」をワンショットであおり、喉に浸み亘る強いスモーキーフレーバーに酔いしれたものでした。
スコットランド幻想曲の後は心をもう少し温めようと、グレングールド演奏によるJ・S・Bachのイギリス組曲のレコードを適当にターンテーブルに載せ、短くも至福の時を過ごしております。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/890-bdeb1f14


Powered by FC2 Blog