fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ


11日土曜日は午前中に「オオムラサキ」を探しに近くの雑木林をたずねる。
クヌギの梢高く飛翔する様は、鳥と見間違う情景。
相変わらず気性は荒く、縄張りに入った小鳥を追い散らす。
一心不乱にクヌギの樹液を吸っている個体もある。
この時期、まだ雌の姿は見えないが、相変わらず雄の燐翅の美しさは例えようも無い。
用水路沿いの小道では「ジャコウアゲハ」等の昆虫類や「ホタルブクロ」も咲いていた。
道端のアメリカアサガオの赤い色も大好き。

オオムラサキ♂
ホタルブクロ

アメリカアサガオ

12日日曜日、雨が降らなかったので「オオムラサキ」を今日も探すが、会えなかった。
雑木林を散策していたら、花が散った後の「イチヤクソウ」の様な株を見つけました。
近くの畑で作業中の方に里山の様子を伺った処、猿は出ないが、イノシシも鹿もこの辺りまで出没するそうです。
凄いですよね。キンラン、ギンランが咲き、オオムラサキが乱舞し、ホタルが明滅できるくらい豊かな自然環境なんだから、鹿さんが居ても不思議でもないか?と妙に納得!でもねえ?。

花が散ったイチヤクソウだと思いたい


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/898-ace6385d


Powered by FC2 Blog