fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ


Web上の某半国営放送局のニュースで、環境負荷が小さいペットボトルを紹介する報道がありました。
薄くなって軽量化されたため、廃棄時潰しやすく、軽いので環境負荷が小さい?そうです。
あくまでリユースでなく、リサイクルが前提なんですね。
某大手ワインメーカーもペットボトル入りのワインを発売するそうですが、大丈夫なんでしょうか?。
ペットボトルは、瓶入りや缶入りの飲料に比べ、格段に通気性が良いのです。
缶入りや瓶入り飲料は、もともと保存食としての使命があるわけで、中のガスが抜けたり、外気が入っては、酸化してしまい、保存食の意味がありません。
でもペットボトルはわずかですが、中のガスが抜けたり、外気の侵入が起こります。
そのため、他の容器に比べ賞味期限が短いのが通例です。
インスタントコーヒーなんかの詰め替え用袋入り製品も同様です。
ペットボトルに酸化に特に弱いワインなどを詰めて、大丈夫なんでしょうかね?
品質保持期限の表示をするのでしょうが?(通常のワインは品質保持期限を表示していません)
消費者もワインは新酒等を除き、古ければ古いほど良いと云った概念を持っていますからね。
勿論、料理用ワイン等、製造後すぐに使用される業務用ワインや一部(長期保存しない事が前提のテーブルワイン)にはペットボトル入り製品もありましたが、通常のテーブルワインにペットボトルを使用するのは如何なものでしょうか?
マイボトル、マイカップを持つ習慣を身につけ、????環境にやさしい????ペットボトルを駆逐しましょう(笑)。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/905-baf32231


Powered by FC2 Blog