FC2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ


今朝は、自治会の一斉清掃日なので、一応諸活動の予定はOFF!にしてあります。
そこで、久しぶりにフットギアやアバランチェのサドル関係、つまり皮製品のメンテナンスを行う事に決定。

ブルックスプロフェッショナル

サドルオイル

鰯の様な臭いのブルックスのサドルオイルをたっぷりサドル全体に指で塗り込みます。
でもって、しばらくサドル全体に沁み渡るまで放置。
さすがに自転車3台渡り歩いている30年物のブルックスですから、ひび割れたりしてだいぶくたびれてきましたが、もうしばらく、私が生きている間ぐらい(笑)使いましょう。

その間にフットギアであるトレッキングシューズにもダービン・シューグリスを塗り込みます。

フットギアの手入れ

左から甲府「エルク」オリジナルのトレッキングシューズ、そしてウルバリン製のチロリアン。
双方とも何回ビムラムソールを張り替えたか判らない程、履きこんでいます。ブルックス同様30年物のフットギアです。
新しい靴も良いでしょうが、こうして時々手入れをすれば未だ充分使えるはず?と、思っていたらチロリアンの右足外側のインナーが裂けてしまっている事を発見。
このチロリアンは、通勤、出張、冠婚葬祭まで使っている大事な靴。
そろそろ買い替えようかとも思いましたが、一応「エルク」に相談して修理してみようと云うわけで、即刻実行。

内張りが裂けたウルバリン

修理完了

ウルバリンのチロリアンは重いため、自転車はあきらめ、もっともサドルオイルを塗ったばかりなので乗れません。AZオフロードで、一路甲府エルクに出発!。
広い道は混んでいそうなので、中央道の側道沿いに走り僅かの時間で到着。
店員さんに見て頂くと、インナーの裂け目以外はナントも無いので修理しましょう。
と云うわけで、観てくれなど気にしない旨を伝えインナーをそのまま繕ってもらう事にしました。
縫っただけだから又裂けたら直していただけるとの事。
修理代を聞いたが、要らないという返事。
先日もナップザックを直してもらっても無料だったから、昨年一月にセカンドバッグとワレットを購入して以来、お金を払っていない様な気がしますが・・・・。
次の靴もやはりエルクで買いましょう!(何時になる事やら(笑))
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/932-6f2042b2


Powered by FC2 Blog