FC2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ


院外薬局にて

今日は、循環器科(拡張型心筋症)今月2度目の通院日、そして3カ月毎の眼科(網膜剥離)の通院日でした。
眼科クリニックでは、両眼の瞳孔を全開にして眼底検査を行うため眩しさのみならず、焦点がまったく定まりません。そのため、自転車を通院の足として使うのが良策だろうと勝手に解釈。
上の画像は、循環器科クリニック併設の院外薬局の看板を背にした我アバランチェです。
御覧の様なピーカンの天候、天気予報では昼ごろから天候が崩れるとの事だったため、曇り空を想定していましたが、大きな間違いでした。
眼科クリニックからの帰路、サングラスの上からミラーグラスをクリップオンして何とか乗り切りました。
此処から拙宅までは、例の急坂を登るだけなので比較的短時間ですが、サングラスの裏側から廻り込む日差しには閉口気味(笑)。
眼科では、網膜の状態に変化が無いので、又3ヶ月後の通院で良いとの事。
循環器科では、やはり心房細動に処方されている「塩酸アプリンジン」系の医薬品の副作用として、白血球の減少が続いているため、いつもの坑凝血反応数値検査と別に白血球などの検査用に採血が行われ、それによって一か月置きの定期通院が早まるかもしれないとの事。
白血球減少が酷くて急を要する場合、メールでお呼びが掛かるようです。
長野県での同病患者さんが新型インフルエンザで亡くなった話をすると、私程度の病状ではダイジョウブでしょうとのご託宣でした。
午前中に循環器科と眼科、双方の定期検診が終わり昼前には帰宅。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/946-7c8bbd73


Powered by FC2 Blog