fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

月別アーカイブ


里山の帰化植物

昨日のエコフェスタの疲れ??からか、遠出をあきらめ、アバランチェでのんびりご近所里山彷徨を決め込む。
この里の一番奥、伊豆ノ溜池の裏手など、初めて足(タイヤ)を入れる箇所もあり、新たな発見も?
今この辺りの里山で一番幅を利かせているのは、元気な帰化植物たち。
帰化植物の事を悪く言う人は多いが、まったく新しい土地の環境に耐え、他の生き物たちと共存したり駆逐したりしながら頑張る姿は、嫌いじゃありません。
私個人として、そんな植物の代表格、セイタカアワダチソウすら黄金色の穂がそよぐ姿が大好きです。

キクイモ

キクイモ或いは、イヌキクイモだろうか、大きな黄色い花が秋空に映える。
吸蜜しているのは、セセリ蝶の仲間かもしれない?。
このキクイモ?達も江戸時代渡来した帰化植物との事。

マメアサガオ

この白い小さな花はマメアサガオ、1950年代に北アメリカより渡来。
可愛らしい白いその名のとおり小さな朝顔。

マルバルコウソウ

この花も朝顔の仲間マルバルコウソウ、江戸末期に渡来した、朝顔の仲間。原産地は熱帯アメリカ。
何処の畑でも見る事ができる。朱色の小さな朝顔。

アキノノゲシ

この花は、アキノノゲシ、有史以前、稲作伝来と共に渡ってきた植物との事。
広義では帰化植物に含まれるそうです。
淡い黄色の花弁が畦道を彩り、取りいれの終わった田圃を見降ろしていました。
これら帰化植物も、今では秋の風物詩の一部として定着し、生態系の一部を担っています。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/975-7e9deb4a


Powered by FC2 Blog