fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ


特定疾患医療受給者証

御覧の明日10月1日から発行する、新しい『特定疾患医療受給者証』が届きました。
疾患名に「突発性拡張型(うっ血型)心筋症」と記載され、マスコミ曰く、「心臓移植以外の治療法が無い重い心臓病である拡張型心筋症」であると、今年も認められた訳です。
この受給者証の申請と受領の時だけ、私もこの病気である事を思い知らされる瞬間です。
重症ではなく、収入も多いため、自己負担額として最も多い入院:11,550円、外来:5,770円が在ります。
それでも、昨年のように心房細動で入院による「カウンターショック」療法等をうけると、一泊二日でさえ相当な医療費が掛かりますから、この11,550円でも助かります。又、外来にしてもそのような場合何度も通院したり、すると5,770円位すぐに掛かりますし、薬代はワーファリンの副作用を抑えるために処方されている十二指腸潰瘍の薬以外は無料になります。
つまり、この受給者証が無いと、健康保険の高額医療費の御厄介になろうとも相当辛い訳です。
唯、今年の受給者証はこの画像では判りませんが、従来の二倍の大きさ、二つ折りにしてB6、開いた場合B5の大きさになります。
今日まで有功の古い受給者証は、二つ折りでちょうど健康保険証の大きさなので、同じカバーの中に治まり、便利だったのですが、今度の物はその二倍在る訳で、どうやって携帯すべきか悩む処です。
病気の性質上、常時「お薬手帳」「ワーファリン手帳」「健康保険証」そしてこの受給者証を携帯する訳ですが、この大きさがネックになりそうです。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/978-55bab7c2


Powered by FC2 Blog