プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

月別アーカイブ


朝から風が強くて。絶えず雲が流れ陽を遮る事が多く気温が上らない寒い一日
韮崎アメダスの最低気温は-4.4℃、最高気温も4.9℃と5℃に届きませんでした。
冬型の気圧配置なので、風が強くても陽が射しこむ部屋の温度は上がる筈ですが、上記のように陽が余り届かないため、寒い一日。
もうすぐ確定申告を行う時期が到来します。
アルバイト先からの源泉徴収が行われないので、自分で確定申告をしなければなりません。
今年はいろいろあって、市役所での申告ができないので、甲府の税務署に行かねばなりません。
医療費控除の書類は用意出来ましたが、厚生年金とアルバイトの源泉徴収票、社会保険控除に使用する国保税の合計金額なども必要になります。
そして、リフォームローン控除、地震保険控除、生命保険控除・・・・・。
おそらく年金とアルバイト給与を合わせても僅かな収入のため、基礎控除、配偶者控除で所得税は非課税になると思いますが、地方税が曲者。
昨年度は住民税も非課税になりましたが、この算出金額により、今年度の国保税、特定疾患自己負担額上限金額も変動しますから、しっかり申告する必要があります。
そして私だけでなく、嫁も厚生年金他の申告があり、やはり基礎控除、配偶者控除を受ける必要があります。
二人合わせた住民税により国保税も・・・・・・。
まあ、所得税、住民税が非課税でも国保税、自動車関連税、石油関連税、入湯税、入場税、そして消費税・・・・。
私のような年金生活者も結構税金を払っています。
まさしく血税!、有効に活用して欲しいものです。

お寒うございます

「お寒うございます」があいさつ代わりになる今日この頃。
どの位寒いのか、懲りもせずデータを調べてみました。
今冬の気温
こちら今冬12月1日から今日2月7日までの韮崎アメダスが計測した、最低・最高気温の数値です。
サムネイル画像をクリックしていただき、大きな画像でご覧いただくと良く判りますが、この期間真冬日こそありませんが、最低気温が0℃を下回る冬日は、なんと69日中65日もありました。
IMG_5980.jpg
こちらは富士山、電線が邪魔ですよね。
IMG_5977.jpg
こっちは、八ヶ岳ですが・・・・ご近所の屋根に少し隠れています。
寒いので表に出ず、拙宅二階からの山々の画像を写してみました。
ご覧のように相変わらず電線等が邪魔していますが、白く冬化粧をした山々をご覧ください。
今日2月6日は、「日本記念日協会」も認定している「(株)サイバーエージェント」が定めた「ブログの日」だそうです。
自社が運営している「アメーバーブログ」を流行らせることが主目的らしいのですが、前述のように日本記念日協会が認定している真っ当な記念日なんだとか。
当然2月6日の2と6の語呂合わせですが、私がこれを知ったのは、今朝の某半国営放送局AMラジオのニュース番組なんです。
某半国営放送局が取り上げる以上ホンモノの記念日で、2007年に制定され、既に11年目を迎えた事になります。
我稚拙なる「喫茶きまぐれ」も2007年1月に開店しましたから、このブログの方が記念日より一月早かった事になります。
そんな事を思い浮かべつつ、やっとこさアルバイト先の親会社からネットワークを繋ぎサーバー上のISO9001手順書の改訂に勤しんでおりました。
手直にあったクララ・ハスキルのボックスセットから取り出したのは、モーツァルトのピアノ協奏曲19番。
もちろん私にとって、モーツァルトのピアノ協奏曲の中で一番好きな曲。
フェレンツ・フリッチャイ指揮、RIAS交響楽団をバックに歌い上げる、油ののりきった彼女の名演奏。
IMG_5976.jpg
1953年録音と云う私よりも歳を経た録音だそうです。
しかしモノ―ラル録音時代の技術が注がれているためか、音質も充分鑑賞に耐えます。

Youtubeにエリーヌグリモーさんの弾き振りの演奏がありましたので張っておきます。
節分って確か2月3日頃だったと思っていましたよ。
明日かなぁ?なんて嫁と話していました。
内孫3人をママがお仕事なので、拙宅で保育ってかお子守です。
6歳を頭に5歳と2歳のやんちゃな男の子達。
18:00頃ママがお迎えに来るまで、そりゃぁもう大騒ぎ。
IMG_5972.jpg
その際、ママが「よろしければ食べて」と持ってきたのは恵方巻???。
ありゃぁ、今日が節分だったんだって。
節分、、、季節の境目。
明日は立春、春が来る・・・・・なんてワキャないよねぇ。
冬型の気圧配置、まだまだ続くようですものねぇ。
18020509.png
これ、気象庁からお借りした明後日の予報天気図。
等圧線が縦縞・・・・・冬型キツイわぁ!!。


南岸低気圧が明日頃からやって来るそうですね。
先日関東地方では大雪だったようですが、当地は数センチの積雪と大した事はありませんでした。
南岸低気圧と雪で思いだされるのは、先日も投稿した社員旅行で山梨に帰れなかった事、川俣川東沢に滑落した事、そしてもう一つ。
時はバブル最盛期の頃でした。
夜明け前の大雪に大喜びして、当時乗っていた某社ジーゼルのFFファミリーセダンに最新型スタッドレスタイヤを装着し、ルーフには,雪遊び用にカルフのクロカン鱗板を載せ、目指すは観音峠大野山林道から木賊峠。
しかし、スタッドレスタイヤを履こうが所詮FFセダンでしたので、観音峠遥か手前で雪に行く手を阻まれタイヤは空転。
それでも何とか脱出して、これ以上林道を登るのを諦めて帰路に付いた途端、別の車が側溝にタイヤを捕られ横になっておりました。
手伝って車体を上げようにも人手が足りず・・・・・。
そこにやって来たのは、大きなマッドタイヤを装着した大型クロカンタイプの四輪駆動車。
手伝うように要請したところ快く・・・・でしたが、その風体は凄い姿。
ビッシっと上質のスーツと革靴で極めた兄ちゃん二人、そして同じくドレスアップした若いお姉ちゃん達二人。
雪深い林道に相応しくない出で立ち。
どうも六本木辺りのディスコバー辺りから流れて来たと思われる風体。
それに引き換え我身の姿は、山梨県より支給された自然監視員の上着、それに合わせた作業ズボンを覆うアノラック、足元はゴム長靴ですよ。
真新しい四駆はウインチ付きなのですが、何と使った事がないと仰る。
そこで、自転車を車体に括り付ける時使っているシャックルを取り出し、件のウインチのワイヤーと要救援車を繋いで無事救い出す事ができて、一同満足顔。
何たって、初めて車載の電動ウインチが役に立ったと粋なカッコの兄ちゃん達は、大喜び。
そこで彼らとは別れましたが、そのまま雪の林道を登って行く流石、大型四輪駆動車。
なるほどねぇ、世の中いろいろな人々がいるものだと、思いましたよ。
今から思い返してみると、あれがバブルの頃だったんでしょうねぇ。
街中じゃ全く意味を成さず、燃料をまき散らすだけの高価な大型クロカン四輪駆動車。
金を掛けてドレスアップした兄ちゃんや姉ちゃん達。
当時20歳ぐらいに見えましたから、今は既に50歳ぐらいでしょうか、今はどんな暮らしをなさっているのでしょう。
私はあの頃と全く相変わらず、嫁と慎ましく暮らしております。

Powered by FC2 Blog