プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


昨夜半、雨音に驚き家じゅうの開け放った窓を閉めました。
犬のカイ君が施錠代わりなので、夏は玄関と犬小屋から離れた居間の一部を閉めるだけ。
その雨も暫くすると上がったようです。
それでも韮崎アメダスによると夜半頃1時間強の間に26㎜の雨が降ったようです。
この雨が一日降り続くと・・・・恐ろしい事です。
当地は雨量が少ないので農業用溜池が多く点在しています。
今朝も今回の豪雨被害で被災された瀬戸内側地方の事を報道していました。
そちらも通常雨量が少ないようで、農業用溜池が多くあり決壊が心配されているとの事。
ですから、他人事とは思えません。
当地も同様な状況ですから、市のHPからハザードマップを閲覧しました。
洪水

土砂災害
水害ハザードマップ、土砂災害ハザードマップに加え、溜池ハザードマップがありましたよ。
以前も投稿しましたように一部富士川口を除き、甲府盆地は2,000mから3,000mの山稜が連なり、雨雲の多くをブロックしているようで、年間降水量が1,200㎜程。
下手をすると1,000㎜以下なんて年も過去ありました。
特に拙宅の付近は台地なので農業用水の確保は先人からの悲願でした。
そのため、各地に多くの農業用溜池が作られてきました。
溜池
でも、このように溜池ハザードマップが用意されているとは、おもいませんでした。
とは言え溜池の直ぐ近くや、放水路の近くにも新興住宅地が整備されています。
幸い拙宅の地区はいずれのハザードマップにも該当せず、今の処安心できます。
数十年に一度と云った規模で起きる災害が、今やまるで日常的に起こっています。
ですから決して侮る事はできません。
皆さまもお住いの自治体にハザードマップが用意されていると思います。
各HPから閲覧できますのでお試しください。
そしてもしもの備えとして、水災や雨による土砂災害の場合にも適用される損害保険を準備なさることをお勧めします。
通常の損害保険(火災保険)の場合、水災適用されないことがありますのでご注意ください。
拙宅の場合、どう考えても水災に遭いそうにない地形の地域にあるため、水災保険を契約していません。
たぶん大丈夫だと思うのですが・・・・・?。
今回の豪雨災害で多くの方が亡くなられ、また家屋等の被害も相当数に上っております。
亡くなられた皆さまのご冥福をお祈りいたします。
また、少しでも被害を小さくするためにも上記のようなハザードマップのご利用をお勧めします。
曇りがちで涼しかった午前でしたが、午後久しぶりにお日様が顔を出した当地。
甲府は、もちろん真夏日ですが、韮崎アメダスは28.5℃とチョット低いけれど蒸し暑い。
我AZオフロードの原型車種たる、スズキ自工のジムニーがフルチェンジしたようなので、スズキディーラーのお店を二男と見学。
20年ぶりのモデルチェンジだそうで、新型カッコ良いですね。
IMG_6320.jpg

IMG_6321.jpg
まあ、今乗ってるAZオフロードだって、14年目で未だ走行距離16万キロ手前ですものマダマダ現役です。
いつも投稿しているように車は、点検修理を怠らなければ、長く使えるますからね。
もちろん新しいジムニーに買い替える予算なんてありませんけどね。
サイドアンダーミラーがフェンダー上から消え、インタークーラー吸気口(昔パワーバルジと呼びませんでしたか)がボンネットから消えてスマートになりました。
マツダでは、もうAZオフロードを販売しないので、新型ジムニーをOEM販売する事は無さそうです。
IMG_6326.jpg
一抹の寂しさも覚えながらトレイに置くCDは、こちらのモツソナ。
お気に入りのKv.284を手近にあった若い頃のマリオ・ジョアオ・ピレシュさんの録音からです。
当地今日は朝から雲が厚く垂れこめていますが、雨は降っていません。
雨雲レーダーには、線状降水帯がはっきり映っています。
180707.jpg
(気象庁のHPから降水ナウキャストの画像をお借りしました。)
嫁と一緒にテレビに映る雨雲レーダー(降水ナウキャスト)による雨雲の流れを見ていると、西側は、長野県との県境付近の南アルプスを境に雨雲が除けてゆくのが判ります。
北側もやはり、八ヶ岳と関東山地に阻まれているように見えます。
同じ山梨県内でも郡内地方域(富士五湖周辺地域)は大雨警報も出ていたようです。
ここは難攻不落の要害の地、周囲を2,000mから3,000m級の山稜を連ねた甲府盆地です。
年間降水量が1,000㎜に満たない年もあります。
冬は本州でも一二を争う寒さ、そして夏は全国で最も暑い地域。
日格差20℃越えは当たり前。
昨日も投稿したように甲府盆地にもウイークポイントがあります。
それが富士川口と云って、富士川が流れる谷間。
ここだけ標高が低いので、台風がこの谷間を遡上してくると大惨事になりかねません。
昭和34年の7号台風については、当時まだ幼児だった私の脳裏にもその恐ろしさが焼き付いているほど。
この台風も富士川口を遡上して来た台風でした。
甲府盆地も何時また災害に見舞われるかわかりません。
まだまだ、大雨が続く地域もあるようです。
皆様くれぐれもお気を付けください。
IMG_6319.jpg
夕方の珈琲タイムのあと、今聴いているCDは、こんな曲集。
今日は、週一のリアルなオシゴトでしたが、何とか雨に負けずに済みました。
杖を突きながら傘を差すのは、とても疲れます。
各地で、大雨被害が継続しているようです。
皆様充分にご注意ください。
ここ何年か、線状降水帯と云う気象用語を耳にする事が多くなりました。
今回の大雨もその線状降雨帯に寄るものだそうですね。
同じ地域に次々と雨雲が掛かり続け、長い時間大雨をもたらしているのだそうです。
180706.jpg
気象庁からお借りした天気図ですが、本州中央部に梅雨前線が停滞し、南から湿った気流が流れ込むため次々と活発な雨雲がやって来るようです。
列島の遥か南から台風8号がゆっくり北上してくるようです。
まだまだ大雨が続くようです。
充分ご注意ください。
この方角からやってくる台風だと、我天然の要塞たる甲府盆地もチョット危険なルートに入りそうです。
緩いカーブを描いて富士川口から攻め込まれ、富士山の西側を北上してくると、過去凄惨な被害を蒙っているからです。
このところ石油製品の価格上昇が激しくなりました。
特に山梨など地方での移動手段として、重要な自家用車の燃料であるガソリン価格が気になります。
毎日チェックしているWTI(ウェスト・テキサス・インターミディエイト)と云う石油先物取引価格、60ドル台からいつの間にか70ドル台後半へ上昇しています。
某国大統領閣下のTwitter砲でこれ以上価格は上昇させないようですが、高止まりの様相は崩れそうにありません。
円相場も今朝は110円台後半/1$と、安くなりました。
今月も様々な生活必需品の価格が上昇しています。
年金支給額は下るばかりで、私達貧乏人には辛い夏。
暑さをしのぐため、エアコンの稼働は必須ですが、電力料金に気兼ねしてしまいますね。
先ずできるところから省エネ省電力そして省マネーです。
エアコンを止めたり、ウォシュレットの電源を抜いたりするのは愚の骨頂。
先ず電源を落とすのはテレビです。
テレビを時計代わりにしたり、だれも視ていないのに映っていませんか。
ウルサイだけのお馬鹿番組を視ていませんか。
最近のテレビは、LEDバックライトのため、省電力になったと言われますが、大型になりましたから結構電力を消費しますよ。
あと忘れがちなのが、携帯電話などの充電器をコンセントに差し込んだままにしていませんか。
充電機トランスの一時側には常に負荷が掛っていまので、僅かですが電力を消費しています。
景気が良いのは、輸出関連の大企業さんやその関連企業さんとその労働組合さん達だけ。
食品や生活必需品の多くは輸入に頼っています。
鶏卵や食肉など、幾らコ〇プさん達が国産と言い張ったところで、その飼料の多くを輸入しているのが現状。
納豆、チーズ、小麦粉・・・・・果ては我喫茶きまぐれの生命線である珈琲豆まで値上げの嵐が続きます。
私達年金生活者は円安そしてデフレを望んでいます。
某総理大臣閣下、ナンチャラミクスおしまいにしましょうよ。

Powered by FC2 Blog