プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ


市の防災無線、朝一番に堰の取水制限について、良く聴きとれませんでしたが、話していました。
某半国営放送局の山梨ローカル天気予報、曇りのち晴れの予報。
それにオマケが付いてきて、なんと梅雨にあるまじき「乾燥注意報」だそうで、火の元に気
を付けましょう」オイオイ、水は大丈夫かい??。
週間天気予報を調べると、今週半ばから雨マークが付いています。
その頃、もう6月も下旬です。
以前、一向に梅雨が明けず、愚図ついたまま立秋を迎えた年もありましたね。
梅雨入り一日目に雨が気持ちだけ降っただけ、それ以降全くお湿りなし。
湿度が低いので、30℃オーバーでも暑くありません(私だけ(笑))。
今週前半の珈琲は、タンザニア・エーデルワイスAA。
ジェネカフェを、いつものように240℃に設定後、フルシティーローストを目指し、二爆ぜの処でヒーターを切り、冷却しようと目論みました。
一爆ぜの後、暫くして二爆ぜが始まり、爆ぜる音が少し大きくなった時点で、ヒーターを切りましたが、その時すでに煙が濃くなっておりました。
豆の表面が薄ら油分が滲むような焙煎度合・・・・フルシティーより僅かに深煎りっぽい豆の状態。
それでも焙煎後2日めで、焦げ臭くも無く、苦味と酸味のバランスも上々になっています。
今週後半は、モカイ・ルガチェフG1コチャレを焙煎する予定。
一爆ぜの状況を見極めながら浅煎りに仕上げねばなりません。

今飲んでいる、タンザニア・エーデルワイスに因み、1965年のミュージカル映画、サウンドオブミュージックから「エーデルワイス」を貼っておきます。
大好きな映画、17cmLPを買い求め、この唄やドレミの歌、一人ぼっちのヤギ飼いなどを覚えました。
働き始め、少し余裕が出来た頃、30cmLPを買い、「私のお気に入り」「勇気を出して」なども良く聴いたものです。
10年程前DVDを手に入れ、今も時々視聴しています。
今日は金曜日、つものように週一のリアルなオシゴトのアルバイト。
アルバイト先付近のアメダス気温は32℃を超えていたそうです。
比較的乾燥していたため、それ程暑く感じず、私にとっては丁度良い暖かさ(笑)。
6月7日に梅雨入りしたとみられると発表されて以降、当日1mmの降水が有った以降全く雨が降りません。
天気予報では、所に寄り雷雨などと云っていましたが、全くその気配もなく、カラカラ天気が続いています。
当地は、火砕流台地の上にあるため、水の便が悪く遥か遠くから堰を利用して農業用水を引き、各所に造られた農業用溜池に溜めて利用しています。
この処、空梅雨気味の年が何年も続いておりますが、特に今年は水不足が深刻なようです。
義兄達の田は、水不足のため一部田植が出来ない処もあるとの事。
今日も帰宅途中、桃畑にスプリンクラーで灌水している畑を見かけました。
来週後半には、雨も期待できそうだと云うのですが、どうなりますやら。
米作農家だけではなく、今は果樹農家にとっても桃の実が大きく育つ頃。
雨が降らないと、こう云った果樹の成長にも影響が及びます。
何とか一雨欲しいですね。

そんな慈雨を期待して、Youtubeから、ジリオラチンクエッティさんの名曲雨を貼っておきます。
数年前のように甲府の荒川ダムが干上がって、私が地元民放ローカル局に出演し、節水についてお話し、晒し者になった苦い経験があります。
あんなことが二度と無いようにコンセイサマ、御願いですから雨を降らせてください。
さもないと、コンセイサマもあの時同様寄ってたかって甚振られますよぅ。
さて、自転車活用の問題点を少し投稿したいと思います。
自転車は軽車両と云えど、車両であることを認識していない。
道交法上、自転車は軽車両に分類され、あくまでも車両ですから自動車と同じ。
だから、左側通行が原則。
しかし、半分以上の方は、それを守っておられず、平気で右側を走行していますね。
一番酷かったのは、交〇の警〇官さん。
自転車通学の中学生に対し、直ぐに右折するためか、右側走行に誘導していました。
本来この場合、短い距離ですから、自転車を降りて押して歩くように指導すべきだと考えます。
一緒に道路右側を歩く歩行者も多いですから、自転車に乗せてはいけません。
携帯プレーヤーのイヤホンを両耳に入れての自転車運転も良く見かけます。
雨の日、片手に傘を持って差す片手運転も同様。
自転車歩道通行可と表示されている場合、自転車は歩道を走らねばならないわけではありません。
無理やり歩道を走らせたがる自動車の運転者さんや警〇官さん。
自転車で歩道を通行する場合における歩行者保護として、以下のように定められています。

歩道を通行する際は、歩道の通行位置を遵守するとともに、歩行者の有無に関わらず常に徐行をしなければならない。歩道を通行する際は、歩行者に危害を加えることを確実に防ぐために、歩行者の有無に関わらず常に徐行をしなければならない。
なお、歩道における徐行スピードの目安は、4〜5km/h程度、せいぜい8km/h以下とされている。また、歩行者の妨害となる場合には、一時停止しなければならない。

はっきり申し上げますと、これでは、歩道を自転車で走る事は、走行の安定性を欠き、かえって危険になりますから、本来専用の自転車通行帯がある場合を除き、自転車を降りて歩道を歩く方が良いわけです。
そして、一番重要なのは万が一自転車が加害者となる交通事故の増加です。
狭い道路で歩行者を除けながら走る自転車は危険ですね。
自転車に乗る以上、保険に入るのは必須事項です。
今は自転車保険も充実していますし、御家族に自動車を運転され、任意保険に加入されておられる方がいる場合、自動車保険に個人賠償責任保険を追加する事をお勧めします。
多くの場合、無償(有償の場合もあります)でこの付帯事項を締結する事ができるからです。
安全な自転車有効利用社会を目指すなら、せめてこの程度の事は知っておきましょう。
昨日我嫁宛にこんな葉書が届きました。
「総合消費料金に対する最終告知のお知らせ」だそうで、法務省管轄支局 民事訴訟管理センターだぞうです。
そう、もちろん詐欺行為を働く不逞の輩からの葉書なんですが、嫁は相当焦ったらしいわけです。
どうする?と聞くので、一応警察に電話させましたが、やはり先方は詐欺じゃないかと云う回答。
但し、はっきり詐欺だとは言わなかったとの事。
警察ダイジョウブ???。
法務省管轄云々でググるとここに辿り着きました。
皆さまにも、ご注意いただきたく、其の文面を公開いたします。
詐欺葉書
サムネイル画像をクリックしていただき、大きな画像でご覧ください。
昨日到着で期限が今日までとなっています。
身に覚え??が有る方など、焦って電話を知っちゃったら向こうの思う壺。
宛先にしっかり拙宅の住所、嫁の名前がプリントされています。
どう見ても市販の宛名ソフトとインクジェットプリンターで出力した物の様です。
何処ぞから嫁の個人情報が流れているんでしょうねぇ。
こりゃ完全に名簿として、年齢までも掌握されちまってますなぁ。
60代の女性相手にこんな文書を送りつけるわけですが、元手も葉書代62円、プリントするインク代、作業に要する手間賃・・・?相当な枚数でしょうが、これでもしかすると、一人ぐらい引っ掛かれば、儲かる仕組みかなぁ。
この作業に費やす時間を真面に働けば、直ぐに稼げる金額だと思うのですが。
世の中暇な方が居られるんですね。
毎回手を替え品を変え、このような詐欺の手口を働く頭の良い方が、沢山いるそうです。
皆さま、くれぐれもご用心ください。
今日は金曜日、だから週一のリアルなオシゴトの出勤日。
相変わらず、作業標準の手直しも多いですね。
唯、アルバイトの身分で、まかり間違えばエライ事になりそうな文書改訂もありまして、チョット首を傾げたくなる??。
夕餉は、久しぶりに嫁と外食と洒落込みましたよ。
行きつけのチョットこ洒落た甲府の中華屋さん。
中華ごはん、かんざし」相変わらずオープンキッチンからは、シェフの走り回るような仕事ぶりと、ファイヤー!!と叫びたくなるような中華鍋からの火柱。
もう、観ていて絶対飽きないパフォーマンス??(煩いとか云うコメントも有るらしいけど)
嫁は、細麺の担々麺を大辛にして、むせ返る美味しさとの事。
私は黒酢酢豚で今日のご飯と云うセット。
メチャ熱くて黒酢がこれまた咽る程良く効いてる酢豚は、凄い。
ご飯の量を減らしましたが、お腹いっぱい。
リーズナブルで中華屋と云うより、イタ飯屋のイメージ。
癖になる味とボリュームで、結構癖になる店。
帰宅途中は、ちょっと寄り道。
日中比較的蒸し蒸ししたので、ゲンジボタルに期待を込めて、いつものポイント。
嫁と二人でホタルを見つけて一安心。
雌の明滅が見えましたが、雄は何処に行ったんだろう。

そんな夜聴きたいのは久しぶりにクララ・シューマンつまりシューマンのお上さんの作品。
ピアノ三重奏曲ト短調作品17はいかがでしょうか。
Youtubeから貼って置きます。

Powered by FC2 Blog