プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ


昨日の続きです

今日も昨日の続きでリサイクルのお話。
リユースとリサイクルを混同されている方が多いようなので、説明いたします。
着れなくなった衣類や、読み終わった本を、集め再販売するのはリユースショップ。
ハー〇オフ、ブッ〇オフは、リサイクルショップじゃなくて、リユースショップですね。
空の牛乳パックを集め、トイレットペーパーに再生するのがリサイクルです。
リユースとリサイクルの違い、全者は再利用する、後者は全く別の物に加工して使う。
この違いです。
リユースとリサイクルとでは、掛かるコストや環境負荷が全く違います。
例えば、ガラス製のビール瓶なら、何度でも洗ってそのままビールを詰めて販売できます。
しかし、缶ビールを飲み終えて、リサイクルしても同じ缶ビール容器には再生できません。
ビールなどのアルミの空き缶を集めて、電気炉で溶かしてから、アルミサッシなどの建材に使われます。
紙類も同様です。
上質紙、ミックスペーパー、段ボール、新聞紙など、種類毎に分けてから薬品で溶かし、パルプを作ります。
しかし、再生紙を溶かして作ったパルプは繊維が短いため、100%再生紙は、強度が弱く、バージンパルプと混合して使われることが多いそうです。
強度が落ちると、同じコピー用紙でも紙詰まりの原因になったりして評判が悪いですね。
再生プラスチックも同様にいろいろなプラスチックが混ざっているため、どうしても発色が悪かったり、強度が落ちてしまいます。
そのため、強度を必要とする部材に使う事はできません。
紙やプラスチックを再生する時、前述のように薬品を使ったり、高温で溶かしたりするため、環境負荷が増大する恐れもあります。
それ以上に、リサイクルする場合、多くの人手や工程も複雑になりがちなので、コスト(お金)が掛かります。
一番酷い例は、核廃棄物のリサイクル(再処理)・・・プルトニウムを取り出して・・・????。
みなさん、どうでしょう、ペットボトルやアルミ缶に入った清涼飲料水、缶ビールどうしましょう。
できるだけリユース容器を使いたいですよね。
でも、リユース容器は、重いので、輸送に費やすエネルギーや人手更には、輸送中に発生する二酸化炭素も増える事も懸念されます。
結局リユースとリサイクル、その捉え方によって、どちらが良いのか変わって見えてしまいます。
さて、お口直しにYoutubeから、スビャトラ・フリヒテルの十八番、ベートーベンのピアノソナタから、熱情を貼っておきます。

私が所有するレコードの録音と違い、1960年、当時のレニングラードで録音されたライブ音源だそうです。
昨日の生ゴミ絞るお話、皆さまからコメントをいただき、「乾燥させて捨てている」と云う実践報告をいただきました。
生ゴミの種類によって向き不向きもありそうですが、とても良いコメントをありがとうございました。
そして、もう一つ、生ごみを絞る際、切っておいた古新聞の上に置いて絞ると、手にゴミがつかず、きれいに絞れるそうですよ。
本当に皆さまありがとうございました。
いずれにせよ、Reduce(リデュース・ゴミを減量)する事は、Refuse(リフューズ・ゴミになる物を買わない)、Reuse(リユース・容器などを再使用する)とならび、環境負荷を軽減する生活を送る場合、重要な事です。
これは、3Rと呼ばれています。
これにRecycle(リサイクル・他の用途で再使用する)を加えて4Rとしていますが、はっきり云って、逆に環境負荷が増大する事がありますので、あくまでも私の考えでは、推奨できかねない事があります。
今日は、そんなRecycleについて考えてみましょう。
なぜ私がリサイクルを嫌う???のかを申し上げたいと思います。
例えば、ペットボトルですが、リサイクルして再利用するにしてもフリース素材程度、或は縫いぐるみの中綿に使う程度です。
ペットボトルを分別して洗浄後、加熱して溶かしますが、そのための燃料も多く必要ですし、作業中に発生するガスも怖いですね。
ペットボトルも洗って再利用(リユース)すればよいのですが、一部生協や一部スーパのクローズサーキットで試行されている程度です。
ドイツでは、結構プラスチック容器のリユースが行われているそうですね。
コーラや清涼飲料水の販売も以前は、リユースが前提のガラス容器で成されていましたが、消費者も重くて割れやすく、リユースしなければならないガラス瓶を嫌いました。
メーカー側も回収費用が掛からず、ゴミとして処理できるため、現在は殆どペットボトルやアルミ缶等のワンウエイ(片道利用)容器に変貌しました。
元々、ゴミとして捨てられる物をリサイクルするのには無理があります。
本来燃やしてサーマルリサイクル(熱源として利用する)方が環境負荷も小さい筈だったのですが、燃やしたときに発生するダイオキシン等のため、あえてリサイクル・・・??らしいですね。
このブログでも、もう何度も取り上げた問題なんですが、新しいお客様もいらっしゃいますから、投稿させていただきたいと思います。
と云うわけで、次回に続きます。

何の脈絡もありませんが、急に聴きたくなったのは、メンコン?と云ってもバイオリンじゃなくピアノですけどね。
この曲、メチャカッコいいのです。
小菅優さんの演奏でいかがでしょうか。
税金を安くする方法。
自治体予算に於けるゴミ処理費用は、地域によって様々ですが、財政を圧迫している事は事実のようです。
指定ゴミ袋を販売する形での、ごみ処理費用一部負担も浸透していますが、これにはもう一つ、ゴミそのものを減量する効果もあります。
袋一枚でもお金に換算するわけですから、僅かでもゴミが減ることが判ります。
税金に関し、こんな例え話があります。
キッチンからの生ごみを一絞りしてゴミに出すと、1億円安くなる。
もう一絞りすると2億円安くなる。
これは、可燃ごみを処理する場合の燃料費が安く済むと云うたとえです。
生ゴミを集めて堆肥化する取り組みもありますが、溜まった生ゴミから発する悪臭や虫が発生する事もあり、全ての地域でこれを推奨する事はできません。
生ゴミを堆肥化する施設に於いて、発生した可燃性ガスによる爆発事故も以前おきました。
ゴミを分別する事により、税金を抑える事の事例として、ゴミの分別が挙げられます。
前述の生ゴミの事例でもわかるようにゴミ焼却に占める燃料費の負担は大きいものです。
そのため、焼却するゴミの量を軽減するためにも、これを分別しコストダウンする必要があります。
紙類は、上質紙、ミックスペーパー、新聞紙、に分別する事で燃やすゴミを減らす事ができます。
プラスチックゴミもペットボトル、白色トレー、その他のプラスチックなどに分別する事で、収集コストや焼却燃料を抑える事ができます。
唯、問題点もあり、各自治体により分別収集やゴミの捨て方のルールが違う事があります。
そのため、加工食品の袋などをご覧いただくと、「捨てる場合は、お住いの地域により定められた方法で捨ててください」と云った文言が記載されている場合があります。
でもね。
そんな問題もありますが、リフューズ(ゴミの減量)、リデュース(過剰包装の削減)が先ず一番。
これにリユース(再使用)容器の利用もありますね。
そして、燃やせる物は燃やしてしまうサーマルリサイクル(ゴミを燃やした熱を温水等として利用する)事も大事。
油まみれのプラスチック容器を洗ってプラスチックゴミにするより、そのまま燃やした方が、水資源の節約になります。
先ず、ゴミに拘わる税金を思い浮かべるためにも「生ゴミ一絞りで、1億円、二絞りで2億円」を思い出してくださいね。
政府は昨日、自転車活用推進本部(本部長・石井国土交通相)の初会合を開き、自転車専用道路の整備などを柱とする推進計画を来夏をめどに策定する方針を決め、「シェアサイクル」の促進なども盛り込む方針だそうです。
今年5月に「自転車活用推進法」が施行されたことに伴い、自転車の安全性の確保や活用促進策を検討し、地域のかつ性化や環境負荷の低減につなげる、と云った目論見だそうです。
私に言わせりゃ、何を今さらと云う感じなんですね。
現に私達山梨県の環境保護活動家達は、県の肝いりにより既に8年も前、下記「自転車活用プロジェクト」を立ち上げておりました。
以下2009年9月15日付、本blogの記事より自転車活用推進プロジェクトについての転載です。
「自転車活用推進プロジェクトの趣旨
甲府市の移動・交通手段は、自動車に大きく依存しています。県内の二酸化炭素排出量の中で、自動車を中心とする運輸部門は約4割(全国平均の2倍)を占めています。
移動・交通手段としての「自転車」の利用は、環境保全の面だけでなく。市民にとっても地域にとっても多くの効用があるはずですが、同時に克服しなければならない課題も多くあるのではないかと思われます。
本シンポジュウムではこれらについて多角的に論じ、市民の自転車利用を促すとともに、自転車を活用できる環境に、やさしい街づくりについて考えたいと思います。」
そして同年10月24日には「チャリンコde山梨 マイカーからマイサイクルへ」と題した、シンポジュウムをおこなったりしました。
しかし、この活動も会長であった県立大学教授が病に寄り急逝され、以後立ち消えとなったのは痛恨の極み。
先日は、重要メンバーのsea gullの店主も亡くなられ、私も今は自転車に跨ることすらできません。
今度は山梨県や甲府市じゃなくお国、しかもも本腰のようです。
唯、今までの活動を踏まえると、幾ら行政がトップダウンで力を入れようと、問題が数々持ち上がってきます。
その辺を次回の投稿に廻す事といたします。

自転車繋がりで、Youtubeからご存じクイーンのBicycle Raceを貼っておきます。
今日午後外為、109円台半ばまで上昇し、日経終値久しぶりに20,000円の大台を切り、WTI、北海ブレント共大幅安。
まあ、この反動も来るでしょうから長続きしない、今の処デフレ期待の非国民である私にとっては嬉しい相場展開。
昨夜は一年ぶりの蛍狩り、なんて粋な話じゃなくて、ホタル舞う季節になっても毎日午後から風が強くてホタルも、おちおち愛を育む事も儘ならぬ日が続いておりました。
おまけにジトーッとした蒸し暑い夜じゃなく、冬の夜具を被って寝るありさま。
それでも風が治まったので、半信半疑ながらホタル観察のポイントに出掛けました。
出掛けるったって、拙宅から数百メートル有るか無いかと云ったご近所の川。
この川の上流には、絶滅危惧種のキンランやギンランが咲く私が大好きな小さな谷間があります。
夜風は少し冷たいけれど、数匹のゲンジボタル達が頑張って恋の明滅を繰り返していました。
雌が川縁の木陰に留まっていると、風に乗って雄がゆらゆらとやって来て・・・・。
養殖されているわけじゃないので、ホタルの数はとても少ないのですが、毎年観察しています。
ホタル祭りをしている場所は、ホタルを養殖し、それを水路に放しています。
多くのホタルを育てるには、餌となるカワニナも沢山必要ですから、これも養殖します。
ホタルを見物されている方は、これを自然発生しているホタルだと思うわけですね。
そう、例のコウ〇トリやト〇と云った、既に絶滅してしまった鳥を飼う話と同じです。
小川が3面コンクリになり、餌となるカワニナも育ちにくくなります。
ホタルも食料となるカワニナの数によって、発生する数も減ってしまうわけです。
そこに人が介在して、ホタルを増やす・・・養殖用の水路を用意してね。
そして、ホタル祭りなるイベントを開催し、ホタル音頭、カラオケ大会と盛り上がるのが定石。
表向き環境保護と云う名目で、ホタルは見世物・・・・・・嗚呼。

Powered by FC2 Blog